Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Control Room を構成

  • 更新済み: 2021/08/19
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace

Control Room を構成

Control Room API を使用して、Bot デプロイおよびワークロード管理 (WLM) 用のワークフローを作成する前に、特定の前提条件と手順が完了していることを確認してくださいControl Room

前提条件

ユーザーには以下の権限とライセンスが必要です。
  • 少なくとも 1 つの Bot Creator Unattended (サーバーから実行を指示) Bot Runner ライセンス。
  • ユーザー、ロール、デバイス プールを表示、作成、設定する Control Room 管理者アカウント。
  • [デバイス プールの作成] 機能権限または [AAE_Pool Admin] ロールを割り当てる必要があります。

手順

以下の手順で Control Room を、ユーザー、ロール、および Bot で設定します。

  1. Control Room に管理者としてログインします。
  2. Control Room ユーザーを作成します。
    ユーザーが [AAE_BASIC] ロールに割り当てられていることを確認します。
  3. 作成したユーザーを Bot RunnerBot フォルダーにマップするカスタム ロールを作成します。
    1. [機能] タブで、次の権限を選択します。[スケジュール設定された Bot の表示]、[実行する Bot のスケジュール設定]、[Bot の実行]、[Bot の表示]、[API キーの生成]。
    2. [Bot] タブで [Bot] フォルダーを展開し、使用のためのアクセスを提供するルート フォルダーやサブフォルダーを選択します。次の権限を選択します。[実行とスケジュール設定] および [コンテンツを表示]。
    3. [別のユーザーとして実行] タブで [選択可能な Bot Runner] のリストから 1 つ以上の Bot Runner を選択します。
    4. [ユーザー] タブで、ステップ 1 で作成した新規ユーザーを選択し、この新規ユーザーにカスタム ロールを割り当てます。
  4. 新規デバイス プールを作成します。
    [コンシューマー] タブで、ステップ 3 で作成したカスタム ロールを選択します。
  5. Bot Creator として Control Room にログインし、Bot を作成して、定型業務を自動化します。
    カスタム ロールの作成時 (ステップ 3) に選択した Bot フォルダー (複数可) の Bot にチェックを入れていることを確認してください。Bot のチェックイン
フィードバックを送る