Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

カスタム パッケージを Control Room にアップロード

  • 更新済み: 2021/04/09
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace

カスタム パッケージを Control Room にアップロード

コンパイルされた JAR ファイルを使用して、パッケージとして Automation 360Control Room にアップロードします。

前提条件

  • 以下のタスクの手順を完了します。新しい Java クラスの作成
  • 次のものがあることを確認します。
    • Control Room へのアクセス権。
    • [AAE_Basic] 権限を持つ資格情報、またはパッケージを Control Room にアップロードする機能を持つカスタム ロール。

手順

  1. Windows Explorer から、C:\Users\<Username>\IdeaProjects\A2019-FileDetails\build\libs に移動し、A2019FileDetails-2.0.9.jar を見つけます。
  2. 新しいパッケージを追加する権限を持つユーザーとして Control Room にログインします。
  3. [Bot] > [パッケージ] をクリックします。
  4. [すべてのパッケージ] ページで、プラス記号の上にマウスを移動し、[パッケージの追加] をクリックします。
  5. [パッケージを追加] ページで [参照] をクリックし、A2019FileDetails-2.0.9.jar ファイルを見つけます。
    デフォルトでは、ファイルは次の場所にあります。C:\Users\<Username>\IdeaProjects\A2019-FileDetails\build\libs.
  6. A2019FileDetails-2.0.9.jar ファイルを選択し、[開く] をクリックします。
  7. [パッケージをアップロード] をクリックします。

次のステップ

Bot を作成して、新しいパッケージをテストする
フィードバックを送る