Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[ページ コンテンツを取得] アクションの使用

  • 更新済み: 2022/08/31
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • IQ Bot

[ページ コンテンツを取得] アクションの使用

IQ Bot Pre-processor パッケージの [ページ コンテンツを取得] アクションを使用して、ドキュメント (PDF、画像ファイル) の特定のページから文字列のリストへテキストを抽出します。

手順

  1. [IQ Bot プリプロセッサー] > [ページ コンテンツを取得] アクションの順にワークフローにドラッグします。
  2. [Control Room ファイル]、[デスクトップ ファイル]、または [変数] から入力ファイルを選択します。
  3. オプション: [Control Room ファイル] または [デスクトップ ファイル] を選択した場合は、[参照] をクリックしてデフォルトのファイルパスを変更します。
  4. コンテンツの抽出元として選択したドキュメントのページ番号を入力します。
  5. [ページから抽出された文字列のリスト] ドロップダウン メニューを使用して、抽出した文字列の出力形式を選択します。
    このメニューを使用し、[タイプ] > [リスト] および [サブタイプ] > [文字列] を選択して変数を作成します。また、[タイプ] > [リスト] を選択し、[サブタイプ] > [文字列] または [サブタイプ] > [任意] を選択することで、既存の変数を選択することもできます。
  6. [保存] をクリックします。
    Bot が正常に実行されると、選択したドキュメントの特定のページから抽出されたコンテンツが出力変数に代入されます。
フィードバックを送る