Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

高可用性デプロイ

  • 更新済み: 2022/08/10
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

高可用性デプロイ

データセンターで Automation 360 をサポートするには、高可用性 (HA) クラスターを構成します。データ センターのクラスターを自社の方法と手順に従って実装してください。

奇数ノードしかサポートされない理由
偶数のノードで構成されるクラスターは、不整合をマージできますが、クラスターに多数派が存在しないためにトランザクションを解決できずに、データの不整合が発生する (スプリットブレイン状態になる) 可能性があります。スプリットブレイン状態は、遅延などのネットワークの問題によって発生する可能性がある、クラスタリング システムの既知の制限事項です。

奇数番号のノードを使用したデプロイ構成は、スプリットブレインの問題を回避するのに役立ち、Automation 360 デプロイに推奨されます。

定足数
ノードは、各トランザクションに対する投票を通じて、処理できるトランザクションを決定します。クラスター内のノードの過半数を構成する投票数をクォーラムと呼び、トランザクションを処理する前に何台のノードが投票または確認しなければならないかを決定します。
障害許容誤差:
ノード故障の観点からの障害許容誤差は、定足数またはノードの過半数がトランザクションの有効性を投票するために利用できなくなる前に、障害が発生する可能性のあるノードの数によって決定されます。奇数番号のクラスターの過半数が偶数番号のクラスターよりも少ないため、障害許容誤差は、クラスター内のノード数が奇数の場合に最適化されます。
サポートされる構成
奇数ノード数が 3 つ以上のクラスターは、ネットワークの問題によるスプリットブレイン状態や不整合を防ぎ、より高いスケールと可用性を実現することができます。
クラスター内のノード数 過半数 (定足数) 障害許容誤差 (ノード故障) サポート
3 2 1 認証済み
5 3 2 Automation Anywhere サポートに問い合わせる
7 など 4 など 3 など Automation Anywhere サポートに問い合わせる
マルチアベイラビリティー ゾーン/マルチデータセンターの構成
可用性をさらに強化するためにマルチゾーン デプロイを行う場合、たとえば 3 ノードのデプロイでは、各 Control Room を別々のアベイラビリティー ゾーンに配置することをお勧めします。3 つを超えるノードを使用するデプロイでは、これらのデプロイを少なくとも 3 つのアベイラビリティー ゾーンに分散させます。これらの設定で注意する必要があることの 1 つは、ゾーン/プロバイダー間の待ち時間です。高可用性クラスターのノードは、同じ領域にデプロイされている必要があります。

クラウド プロバイダーに関しては、現在、Amazon Web ServicesGoogle Cloud PlatformMicrosoft Azure の 3 つの主要なクラウド プロバイダーをサポートしています。

注: 複数ノードがある環境では、あるノードが停止すると、Bot のデプロイやスケジュール、トリガー、そのノードのキュー内の作業項目などの操作が悪影響を受けます。
ヒント: 障害が発生した場合に Control Room 高可用性クラスターを復元するためにファイルをバックアップおよび復元する方法については、Backing up and restoring a Control Room High Availability Cluster (A-People login required) を参照してください。
フィードバックを送る