Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Control Room からの IQ Bot の登録解除

  • 更新済み: 7/12/2021
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • IQ Bot

Control Room からの IQ Bot の登録解除

IQ Bot のインストールまたはアンインストールが原因で IQ Bot URL が変更された場合、またはロード バランサーが追加されたときに、IQ BotControl Room から登録解除する必要があります。

IQ BotAutomation Anywhere Control Room から登録解除した後で、Automation Anywhere Cognitive Console サービスを再起動します。

手順

  1. sysadmin ロールを使用して、2 つの異なる SQL クエリを別々のデータベースで実行します。
  2. SQL ステートメントの最初のセットを Control Room データベースで実行して次のデータを削除します。

    バージョン A2019.10 ~ A2019.13 の場合、次の SQL ステートメントを実行します。

    DELETE FROM [AAE-Database].[dbo].[ACTIVEMQ_ACKS]
    DELETE FROM [AAE-Database].[dbo].[ACTIVEMQ_MSGS]
    DELETE FROM [AAE-Database].[dbo].[SERVICE_USER]
    DELETE FROM [AAE-Database].[dbo].[USERS] where user_type='APP'
    バージョン A2019.14 以降の場合、次の SQL ステートメントを実行します。
    1. 次のクエリを実行します。
      USE [AAE-Database]
      SELECT T.uuid As TenantID,T.name AS TenantName,T.created_by,T.enabled,U.id AS IQBotAppUserId,U.user_type,S.url AS 
      IQBotURL FROM [dbo].[TENANTS] T 
      LEFT JOIN [dbo].[USERS] U ON T.uuid = U.tenant_uuid 
      LEFT JOIN [dbo].[SERVICE_USER] S ON U.id = S.id
      WHERE (U.user_type='APP' AND S.type='IQBOT')
      
    2. 上記のクエリには「IQBotAppUserId」番号が記載されています。 次のクエリで、id = 'IQBotAppUserId' を id = '数字' に置き換えます。
    3. 次の削除クエリを実行します。
      DELETE FROM [AAE-Database].[dbo].[SERVICE_USER] WHERE [type]='IQBOT'
    4. DELETE FROM [AAE-Database].[dbo].[USERS] WHERE id = 'IQBotAppUserId'
  3. SQL ステートメントの 2 番目のセットを IQ Bot 構成データベースで実行して次のデータを削除します。
    • DELETE FROM [IQBot].[dbo].[Configurations] where [key]='controlRoomVersion'
    • DELETE FROM [IQBot].[dbo].[Configurations] where [key]='appRegistered'
    • DELETE FROM [IQBot].[dbo].[Configurations] where [key]='controlRoomUrl'
    • DELETE FROM [IQBot].[dbo].[Configurations] where [key]='appId'
    これで正常に登録が解除されます。
フィードバックを送る