Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ワークシートから Web フォームへのデータ入力例

  • 更新済み: 2020/11/17

    ワークシートから Web フォームへのデータ入力例

    この例では、XLSX シートから Web フォームへの複数行のデータを入力するように bot を構築します。Excel advancedLoop、および Recorder packages から actions を使用します。

    Excel ファイルから値を取得し、Web フォームに入力するには、次の手順に従います。

    手順

    1. 新しい bot を開きます。
      1. Control Room から、Bot > Bot の順に選択します。
      2. 新規作成 > Bot をクリックします。
      3. [TaskBot を作成] ウィンドウで、bot 名を入力します。
      4. デフォルトのフォルダー場所 [\Bots\] を受け入れます。
        bot の保管場所を変更するには、[選択] をクリックしてプロンプトに従います。
      5. [作成して編集] をクリックします。
    2. Excel ファイルを開きます。
      1. Excel の高度な操作 > 開く アクションの順にダブルクリックまたはドラッグします。
      2. セッション名を入力してください。
      3. Excel ファイルを選択します。
      4. [シートにヘッダーを含む] オプションをマークします。
      [シートにヘッダーを含む] オプションをマークすると、実行時間中に bot がヘッダー名によって列を検索できるようになります。
    3. Web サイトを起動します。
      1. ブラウザ > Web サイトを起動 アクションの順にダブルクリックまたはドラッグします。
      2. Web サイトの URL を入力します。
    4. ワークシート値を取得し、テーブル変数に保存します。
      1. Excel の高度な操作 > 複数のセルを取得 アクションの順にダブルクリックまたはドラッグします。
      2. Excel の高度な操作 > 開く アクションで使用したセッションと同じセッション名を入力します。
      3. ドロップダウン リストから [すべての行] を選択します。
      4. [変数に割り当てる] ドロップダウン リストの右側にあるアイコンを使用して、テーブル変数を作成します。
    5. 行によってデータ行を処理するように bot に指示を与えます。
      1. [ループ] アクションをダブルクリックまたはドラッグします。
      2. [テーブルの各行用] の反復子を選択します。
      3. [複数のセルを取得] で使用している同じテーブル変数を選択します。
      4. [変数に割り当てる] ドロップダウン リストの右側にあるアイコンを使用して、レコード変数を作成します。
      レコード変数は、1 つの行のすべての値を保持します。bot は、Loop の各反復子を使用することで、次の行の値を取得し、レコード変数に保存して、前の行の値を上書きします。
    6. 最初の列のヘッダーを Web フォームのテキストボックスにマッピングします。
      1. レコーダー > キャプチャ アクションの順にダブルクリックまたはドラッグします。
      2. [Web サイトの起動] アクションで開いたのと同じウィンドウを選択します。
      3. [オブジェクトをキャプチャ] をクリックします。
      4. 赤いアウトラインが表示されるまで、テキストボックスにカーソルを合わせます。
      5. テキストボックスをクリックします。
      6. Control Room に戻ります。
      7. [コントロール タイプ] の値が「TEXTBOX」であることを確認します。
      8. [アクション] ドロップダウン リストから [テキストを設定] を選択します。
      9. [キーストローク] フィールドに、ループ使用したレコード変数と同じレコード変数を挿入します。
      10. [名前別] オプションを選択して、最初の列ヘッダーをコピーしてフィールドに貼り付けます。
    7. ステップ 5 のサブステップを繰り返し、次の違いを持つ他の列をマッピングします。
      1. ブラウザ ウィンドウ タイトルを検索する代わりに、レコーダーによって生成されたウィンドウ変数を挿入します。
      2. [キーストローク] フィールドにレコード変数を挿入する場合は、その次の列ヘッダーをコピーして [名前別] フィールドに貼り付けます。
    8. [送信] ボタンをキャプチャします。
      1. レコーダー > キャプチャ アクションの順にダブルクリックまたはドラッグします。
      2. レコーダーによって生成されたウィンドウ変数を挿入します。
      3. [オブジェクトをキャプチャ] をクリックします。
      4. [コントロール タイプ] の値が「BUTTON」であることを確認します。
      5. [クリック] アクションを選択します。
    9. [保存] をクリックします。
    フィードバックを送る