Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

エラー ハンドラー パッケージ

  • 更新済み: 2021/08/18
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

エラー ハンドラー パッケージ

実行時の異常な条件や例外に起因するエラーが Bot で発生すると、Bot の正常な実行は妨げられ、Bot はタスクを完了できなくなります。エラー ハンドラー パッケージ には、Bot で発生した例外を円滑に処理できる アクション が含まれており、その Bot 内にある他の アクション に制御を移行します。

パッケージアクション を使用すると、タスクを実行するために使用する アクション と、例外を処理するために使用する アクション を分離できます。例外を処理すると、Bot でエラーが発生したときにタスクが確実に完了されるようになり、エラーの発生時に アクション が定義されます。

次の図は、タスクでエラー処理を使用する場合と使用しない場合の Bot の実行の様子を示しています。

エラー ハンドラーのフロー チャート

[エラー ハンドラー] パッケージ内のアクション

[エラー ハンドラー] パッケージ には以下のアクションが含まれます。

アクション 説明
試行 [試行] アクション 内に アクション を追加できます。Botアクション を通常どおりに実行します。Bot でエラーが発生しなければ、[最終] アクション が存在する場合はそこまで実行が継続します。ただし、エラーが発生した場合、Bot の実行は [キャッチ] アクション に直接移動し、[試行] アクション の残りの アクション は完了しません。
キャッチ [試行] アクション でエラーが発生した場合、制御は Bot 実行によって [キャッチ] アクション に直接移ります。エラーの説明や行番号の値は、[キャッチ] アクション 内の変数に割り当てることができます。別の アクション を [キャッチ] アクション に追加し、エラー条件を処理できます。これらの アクション には、E メール [送信] アクション (エラーに関する E メールを送信) または [ファイルに記録] アクション (エラー条件をファイルに記録) を含めるか、スクリーン [ウィンドウをキャプチャ] を含めて、エラー発生時にウィンドウまたはアプリケーションのスクリーンショットを取り込むことができます。

[キャッチ] アクション存在しない場合、[試行] アクション は、エラー発生時に、[試行] アクション の後にリストされている アクション の処理を続けます。

[試行] および [キャッチ] アクションBot で複数回使用すると、さまざまな例外を処理できます。これにより、発生した例外に基づいて、さまざまなアクションを実行できるようになります。

最終 [最終] アクション では、例外が発生したかどうかにかかわらず、[試行] と [キャッチ] の後に アクション を実行できます。[最終] アクション は、監査情報の記録、または [試行] と [キャッチ] アクション の後に続く アクション で最も役立ちます。
スロー [試行] アクション の中で論理エラーが発生した場合は、[スロー] アクション を使用してエラー条件を作成すると、直ちに Bot 実行は [キャッチ] アクション にシフトします。[スロー] アクション のプロパティを編集し、エラー メッセージを [キャッチ] アクション に送信するように設定できます。[試行] アクション の外では、[スロー] アクション によって標準エラー ダイアログ ボックスが表示され、ユーザーは手動で [閉じる] ボタンをクリックして、そのダイアログ ボックスを閉じることになります。

エラー ハンドラー による例外処理

次の図は、Bot 実行中に外部エラーが発生したときの エラー ハンドラー パッケージアクション の流れを示しています。

外部エラーの例

次の図は、Bot 実行中に内部エラーが発生したときの エラー ハンドラー パッケージアクション の流れを示しています。

内部エラーの例

例: エラー ハンドラー パッケージでのアクションの使用

たとえば、Microsoft Excel ファイルからデータを読み取り、それをデータベースに格納する Bot があるとします。この Bot では、必要なファイルがない場合や、データベースのテーブルを更新中にエラーが発生する可能性があります。エラーを処理するには、次の方法を使用します。

  • 例外 1:
    • データの抽出元に指定したい Microsoft Excel スプレッドシートが使用可能でない。
    • 処理方法: 同じデータを含んでいる別のファイルを使用します。
  • 例外 2:
    • データの格納に使用したいテーブルがデータベースで使用可能でない。
    • 処理方法: 必要なテーブルが使用可能でないというメッセージを表示します。

この例に基づいて、これらの例外を処理するには、以下の操作を行ってください。

  1. Microsoft Excel スプレッドシートからデータを読み取って、抽出したデータをデータベース内のテーブルに格納するために必要なすべての アクション を [試行] アクション 内に配置します。
  2. 次の例外に対して実行する アクション を [キャッチ] アクション 内に配置します。
    1. 例外 1: 同じデータが含まれた別のファイルを使用する アクション を配置します。
    2. 例外 2: 関連メッセージを表示する [メッセージ ボックス] アクション を配置します。
  3. [データベース] > [接続解除] アクション を配置し、[最終] アクション 内でデータベースとの接続を終了します。これは [試行] の結果に関係なく発生します。
フィードバックを送る