Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

画像認識package

  • 更新済み: 2020/12/14

    画像認識package

    [画像認識] packageには、画像を基にアプリケーションのユーザー インターフェース (UI) 要素を検索して、そのアプリケーション内のタスクを自動化できるactionsが含まれています。

    [画像認識] package内のActions

    以下の条件に当てはまるアプリケーションの UI 要素をキャプチャできない場合は、これらのactionsを使用してタスクを自動化します。
    • Citrix 経由で公開されている
    • リモート デスクトップ プロトコル (RDP) を使用してアクセスされている
    • 従来のテクノロジーを使用して開発されている

    Image Recognition は、オブジェクトベースの認識が機能しない場合や信頼性が低い場合にも役立ちます。たとえば、画像を使用してアプリケーションで [閉じる] ボタンを検索し、左クリック操作を実行できます。

    [画像認識] packageには、以下のactionsが含まれています。

    Action 説明
    ウィンドウで画像を検索 [ウィンドウで画像を検索] actionを使用する」をご覧ください。
    ウィンドウでウィンドウを検索 [ウィンドウでウィンドウを検索] actionの使用」をご覧ください。

    ロギングとデバッギング

    Image Recognitionactionsの 1 つを実行中に bot に障害が発生すると、キャプチャされたソース画像とターゲット画像がログ フォルダーに保存されます。ユーザーは、画像を使用して、アプリケーション画像が正しくキャプチャされなかったり、Bot Creator および Bot Runner デバイスの違いにより画質が低かったりする問題を特定できます。
    注: 安全な記録がオンで Image Recognition が失敗すると、bot はログ フォルダーに画像を保存しません。

    C:\ProgramData\AutomationAnywhere\BotRunner\Logs\IR に移動して、キャプチャしたアプリケーション画像を表示します。このフォルダーには、最大 10 個のソースとターゲットの画像ペアが格納されます。最大数に達すると、最も古い画像ペアが新しい画像で上書きされます。

    安全な記録

    安全な記録モードが有効になっている場合、bots はキャプチャ後にターゲット オブジェクトの画像を表示しません。これにより、機密データが表示されることはありません。
    注: bots はキャプチャ後にターゲット画像を表示しませんが、画像は bots を実行するのに必要であるため、Control Room に保存されます。

    安全な記録モードでタスクを記録すると、[プレビュー] ウィンドウにキャプチャされた領域が一時的に表示されます。この画像は、Bot editor ウィンドウ外に移動したり、ウィンドウを更新すると非表示になります。

    管理者権限を持つユーザーは、この設定を有効にする必要があります。「設定の管理」をご覧ください。

    フィードバックを送る