Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

表示 Bot 依存関係マップ

  • 更新済み: 2022/06/17
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • Enterprise

表示 Bot 依存関係マップ

公開ワークスペースおよび非公開ワークスペースの両方で、Bot の依存関係マップを表示できるようになりました。依存関係マップは、選択された Bot の直接の親/子 Bot を表示します。この情報により、Bot の変化の影響を判断して、Bot を効率的に使用できます。また、優れた Bot コードと再利用性を維持して、競合を回避できます。

前提条件

[パッケージを表示] 権限を持っていることを確認してください。

手順

  1. Control Room にログインします。
  2. 左側のペインで [オートメーション] をクリックします。
    使用可能な Bot とフォームのリストが表示されます。
  3. Bot のバージョン履歴を表示するには、次の方法があります。
    • バージョン履歴を表示する Bot を選択します。Bot の名前の右側にあるアクション メニュー (縦の 3 点リーダー) にカーソルを合わせ、[履歴 TaskBot を表示] をクリックします。
    • Bot 名をクリックします。Bot が開いたら、右上隅にある縦の 3 点リーダーをクリックし、[履歴 TaskBot を表示] オプションを選択します。
  4. を切り替えます。 依存関係リファレンス タブを切り替えると、直接の親と子が表示されます。 Bot.
    • 依存関係を表示します。 Bot または Bot を実行するために使用する
    • 参照を表示します。 Bot に依存するファイルなどを表示します。 Bot を実行する
フィードバックを送る