Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

画像ベースのレプリケーション

  • 更新済み: 2022/03/10
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

画像ベースのレプリケーション

レプリケーションのプロセスは、環境やクラウド プロバイダーが異なっても同様です。スナップショットの作成と保存には、スケジュールされた方法が使用されます。スナップショットの間隔は、潜在的なデータ損失に対するお客様の許容範囲に基づいて決定されます。

前提条件

レプリケーションのスケジュールは、最低でも 1 日 (毎日 1 回のスナップショット) にすることをお勧めします。

次に、クラウド プロバイダーの例としての AWS の手順について説明します。

手順

イメージベースの DR 設定の最初の手順として、一定の間隔でスナップショットを作成します。災害時には、設定は最新の良好なイメージ/スナップショットに戻り、システムは短時間で復旧し、完全に機能しますが、データの損失とダウンタイムは短くなります。

  1. データ損失の可能性を考慮して、スナップショット間隔を決定します。
  2. 画像化するサーバー上の Automation Anywhere サービスを停止します。
  3. AWS の場合、標準的なイメージ作成手順を使用して AMI を作成します。
  4. 画像の作成が完了したら Automation Anywhere サービスを開始します。
  5. 同じスケジュールでリポジトリのバックアップ機構を実行します。

この後の手順では、画像からデータを復元する方法を説明します。

  1. 先に作成した AMI を使用して、新しいインスタンスをスピンします。
    元の設定に応じて、設定がアベイラビリティー ゾーンにまたがっている場合は、関連するすべてのアベイラビリティ ゾーンで同じことをする必要があります。

以下の手順は、復元する各インスタンスに適用されます。

  1. データベース サーバー、Ignite クラスター、Elasticsearch に関連する設定ファイルを編集して、構成ディレクトリにクラスターを形成します。
    標準インストールでは、ファイルは次の場所にあります。C:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise\config
    1. データベース サーバーの URL を編集して、boot.db.properties 内の目的のデータベース サーバーを指すようにします。
      元のサーバーがすでに非ローカル ホストのアドレスを参照している場合は、URL を変更しないでください。
    2. cluster.properties ファイルで次のプロパティを編集します。
      ignite.discovery.static.ips=<existing list of ips>, <current server ip> に新しいサーバー IP をリストに追加します。
    3. elasticsearch.yaml ファイルで次のプロパティを編集します。
      • node.name: "<local-ip>" に現在のサーバー アドレスを追加します。
      • network.host: "local-ip" に現在のサーバー アドレスを追加します。
      • 既存の値をそのままにして、discovery.zen.ping.unicast.hosts: ["ip1","<local-ip>"] に現在のサーバーの IP を追加します。
      • cluster.initial_master_nodes: ["<master-ip>"] に既存の値をそのまま残します。
  2. オプション: マウントされている場合は、選択した Control Room スナップショットと同じタイミングのスナップショットからリポジトリを復元し、それぞれのパスにマウントします。
  3. 構成テーブルを更新します。
  4. ノード間の TCP (伝送制御プロトコル) 可視性を確認します。
  5. 複製されたノードのサービスを開始し、クラスタリングが確立するのを数分待ちます。
  6. 以下を確認します。
    • ログインして、Bot がリストされて表示されていることを確認します。
    • インストールに外部 Git が設定されている場合、チェックインなどの機能を使用して有効性を確認します。
    • 監査ログを確認します。
  7. ホスト名/IP が対応する現在の値で変更された場合は、必要に応じてロード バランサー層または DNS を更新します。
フィードバックを送る