Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot の作成に使用する Bot エディター

  • 更新済み: 2022/02/08
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

Bot の作成に使用する Bot エディター

Bot エディター を使用すると、ユーザーはデバイスと場所に制限されることなく、Web ブラウザを使用して Bot の作成と編集ができます。

概要

Automation 360 は Web ベースなので、クライアントを別途ダウンロードする必要はありません。Automation 360 にログインして左パネルの [オートメーション] に移動してから Bot を作成するか開いて Bot エディター にアクセスします。

Bot エディター は Web ベースの環境で、以下の機能を備えています。

  • キャプチャ プロセスを簡素化する ユニバーサル レコーダー
  • 公開ワークスペースと非公開ワークスペースから Bot を検索し、その Bot を現在の Bot に追加します。

    公開ワークスペースおよび非公開ワークスペース内で選択した Bot の場所も表示されます。

    注: [クローン] 権限を持っていない公開ワークスペースのフォルダーから Bot を追加すると、エラーが発生します。
  • Bot 作成の 3 つの表示オプション:
    注: [フロー]、[リスト]、[デュアル] ビューの検索ボックスを使用し、Bot で、テキスト、変数、アクション を検索できます。この機能は、コード行が長い Bot を表示または編集する際に役立ちます。
    • [フロー:]プロセスのグラフ表示 (デフォルト)
      注: Bot を作成または編集する際に Bot のコードが 500 行を超えている場合は、フロー ビューは無効になります。[リスト ビューを表示] オプションを使用して、リスト ビューに移動します。
    • [リスト:]各 アクション の連続するエントリ
      注: タスク ロジック内で選択した アクション をドラッグします。
    • [デュアル:][フロー] ビューと [リスト] ビューの分割画面
    [フロー]、[リスト]、および [デュアル] ビューには、次に挙げる アクション のプロパティが表示されます。
    • サポートされているすべてのテクノロジーについて アクション ([テキストを設定] など) で入力する値
    • [テキストを設定]、[クリック]、[左クリック]、[プロパティを取得]、[インデックスで項目を選択] などの アクション を実行するオブジェクトの名前
    • アクション に記載されているオブジェクト プロパティの名前
    • 変数に何らかの値が割り当てられている場合の戻り変数の名前
    • [プロパティを取得] アクションのプロパティのリスト
  • 強力な Bot コード管理
  • Python と JavaScript アクション がドラッグ アンド ドロップの統合によってリンクなしでインライン スクリプトをサポート
  • 言語間でマッピングを必要としない多彩な変数受け渡し

Bot アシスタント

Bot を作成するときは、Bot [アシスタント] 機能を使用すると、アクションが必要な Bot のライン番号を包括的に表示できます。

Bot [アシスタント] には、ユーザーによるアクションが必要なパッケージ/アクションの名前とライン番号が表示されます。ライン番号をクリックすると、エラーが発生した行に直接移動します。

移行された Bot の場合、Bot [アシスタント] には、ユーザーによる確認やアクションが必要な Bot のパッケージ/アクションとライン番号が包括的に表示できます。

Bot エディター へのアクセス

Bot エディター にアクセスするには、Bot の作成または変更を開始する必要があります。

左側のペインで [オートメーション] をクリックします。

  • Bot を作成するには、[新規作成] > [Bot] をクリックします。
    Important: Bot 名を長くしすぎないでください。Windows オペレーティング システムの長さ制限により、Bot の実行が影響を受ける可能性があります (主に Windows Server 2019 と 2016)。
  • Bot を変更するには、リストから目的の Bot をクリックします。

他のリソース

フィードバックを送る