Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ループでの [OneDrive] アクション の使用

  • 更新済み: 2020/11/17
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

ループでの [OneDrive] アクション の使用

[ファイルとフォルダーを検索] アクション を使用すると、特定のフォルダー内のファイルとそのプロパティのテーブルを返すことができます。[ループ] アクション を使用すると、テーブル内の各行をループできます。[OneDrive] アクション を使用すると、テーブル内の各ファイルに対して操作を実行できます。

手順

フォルダー内の各ファイルに対して アクション を実行するには、次の手順に従います。

  1. [OneDrive] > [ファイルとフォルダーを検索] の順にダブルクリックまたはドラッグします。
  2. 資格情報変数または暗号化されていない値を使用して、ユーザー名を入力します。
  3. 検索を実行するフォルダーのファイル パスを入力します。
  4. [フォルダーの全項目] オプションを選択します。
    [特定のファイル (またはフォルダー)] を選択すると、OneDrive 上の特定のフォルダーに検索を制限できます。
  5. 出力を保持するテーブル変数を選択または作成します。
    テーブル変数は、ファイルとフォルダーに関する情報を行の「name」、「id」、「createdBy」、「creationDate」、「lastModifiedBy」、「lastModificationDateTime」、「parentFolder」、「Path」の各列に格納します。
  6. [ループ] アクション をダブルクリックまたはドラッグします。
  7. [テーブルの各行用] 反復子を選択します。
  8. 手順 5 の出力を保持するテーブル変数を選択します。
  9. 各行を一時的に保持するレコード変数を選択または作成します。

フォルダー内の各ファイルに対して繰り返す アクション を [ループ] コンテナの内側に挿入します。この例では、[ファイルをダウンロード] アクション を使用します。

  1. [Outlook] > [ファイルをダウンロード] の順にダブルクリックまたはドラッグします。
  2. 資格情報変数または暗号化されていない値を使用して、ユーザー名を入力します。
  3. [パスを含むファイル名] フィールドに以下の情報を入力します。変数名の部分は手順 10 で選択したレコード変数の名前に置き換えてください。
    $RecordVariable[7]$/$RecordVariable[0]$
  4. ファイルをダウンロードするフォルダーのパスを入力します。
  5. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る