Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot Classifier パッケージ

  • 更新済み: 2022/01/10
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • IQ Bot

IQ Bot Classifier パッケージ

IQ Bot Classifier パッケージ では、ドキュメントを適切なラーニングインスタンスにグループ化または分類し、Automation 360 IQ Bot でコンテンツを抽出します。

注: IQ Bot Classifier パッケージ は、オンデマンドで利用できます。パッケージ については、カスタマー サクセス マネージャー (CSM) またはパートナー イネーブルメント マネージャー (PEM) にお問い合わせください。この パッケージControl Room にアップロードする必要があります。

Control Room にパッケージを追加

既存の Bot を使用するには、プロンプトが表示されたら、ライセンスも追加する必要があります。この パッケージ には、次のような要件があります。
  • ユーザーには、IQ Bot Classifier ライセンスを割り当てる必要があります。
  • Bot Runner ユーザーには、[管理] > [ライセンスを表示] 権限が有効化されたロールを割り当てる必要があります。

    ロールを作成して割り当てる

  • Bot エージェント のバージョンが、前 2 つのバージョンより古くないことを確認してください。

    たとえば、Automation 360 v.23 ビルド 11513 (オンプレミス) にアップグレードする場合、Bot エージェント のバージョンが 21.82.10342 よりも古くないことを確認します。

    Bot エージェント の互換性」を参照してください。

IQ Bot Classifier パッケージ は、さまざまな種類のドキュメントをそれぞれのカテゴリに分類することができます。この出力は、データ抽出を強化するために、文書内のページを結合するロジックをビルドするために使用することができます。

How to merge documents in IQ Bot Classifier package (A-People login required)」を参照してください。

IQ Bot Classifier パッケージアクション

このパッケージには [分類]、[ドキュメントの分類]、および [クラシファイアをトレーニング] アクション が含まれます。これらの アクション を使用してモデル ファイルを作成し、そのファイルを使用してアップロードしたドキュメントを異なるフォルダーに分類できます。これらの アクション は、ドキュメントの前処理機能を果たします。

[分類] アクション は、ドキュメントのページをさまざまなカテゴリにグループ化します。これにより、ドキュメント処理のために分類された各グループを簡単に送信し、ドキュメントが分類されていない出力フォルダーに配置されないようにすることができます。

[ドキュメントの分類アクション] は、手動で作成されたドキュメント グループに対応しています。この アクション を使用すると、クラシファイアがドキュメント全体を解析するのを待って、すべてのページのフィールドに基づいてドキュメントをグループ化するのではなく、最初のページのフィールドに基づいてドキュメントをグループ化するように選択できます。

アクション 説明
分類 [分類] アクションの使用」を参照
ドキュメントの分類 ドキュメントの分類 アクション の使用」を参照
クラシファイアのトレーニング [クラシファイアをトレーニング] アクションの使用」を参照

IQ Bot Classifier パッケージを使用する方法については、次のビデオをご覧ください:

詳細については、IQ Bot Developer Learning Trail (開発者向け学習) のコースを確認してください。IQ Bot Developer Training (A-People login required)

フィードバックを送る