Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

TaskBot を実行して Excel シートをマージ

  • 更新済み: 2020/06/11
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

TaskBot を実行して Excel シートをマージ

Bot Store からサンプル TaskBot をダウンロードして実行し、2 つのスプレッドシートをマージします。

前提条件

サンプルの を使用して、これらの要件を完了します。
  • Microsoft Excel が Bot Runner デバイス上に存在する必要があります
  • Automation 360 ビルド 4088 以降
  • Excel Advanced パッケージ バージョン2.0.0-20200422-000103以降
  • 入力としての 2 つのスプレッドシート: 両方のシートには、製品または顧客番号など、A 列内に共通のデータが必要です。

次の表 1 および 2 に同様の列を使用して、スプレッドシートを手動で作成できます。シート 1 には、共通の値が A 列にあるシート 2 に追加する列があります。bot では、ファイルの場所と名前が c:\bot_test\Spreadsheet1.xlsx c:\bot_test\Spreadsheet2.xlsx になります。

テーブル 1
項目番号 名前 、カテゴリ: 単価 課税 取り寄せ注文 生鮮食品 ロケール
A0001 牛乳 15. 食料品 3. N Y Y 米国
A0005 タオル 4. ホーム 10. Y N N 米国
A0006 ドッグフード 16 年 ペット 22 N N N 米国
A0007 塗料 43 ホーム 12. Y N N IN
テーブル 2
項目番号 名前 ブランド 人気 単価 TTS
A0001 牛乳 健康食品 Y 3. 1]
A0002 Dairy Love Y 4. 1]
A0003 Spring Me Up! N 10. 3.
A0004 テーブル Woods Are Us N 50% 10.
A0005 タオル Claire Dane N 10. 6.
A0006 ドッグフード Purina Y 22 3.
A0007 塗料 Color the World N 12. 2.

手順

  1. Bot Store から Merge Excel Sheets Example bot を取得します。
    bot は、Automation 360 On-Premises または Cloud 環境に自動的に読み込まれます。

    Bot Store から bot Automation 360 のインストール手順が記載された E メールが届きます。

  2. 指示に注意深く従ってください。Bot 開発者 のロールが割り当てられていない場合は、管理者に連絡して、ロールを追加してください。
  3. スプレッドシートが c:\bot_test\Spreadsheet1.xlsxc:\bot_test\Spreadsheet2.xlsx にない場合は、bot の 5 行目と 9 行目をデスクトップ ファイルの場所に合わせて更新します。
  4. TaskBot を実行します。
  5. 使用例を反映する変更があれば、TaskBot を更新し、独自の変更にします。
    また、bot を新しい名前でコピーして保存することで、今後の Excel Advanced TaskBots のテンプレートとして使用することもできます。
フィードバックを送る