Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

AISense Recorder でキャプチャされたオブジェクトに対して実行されるアクション

  • 更新済み: 2021/06/10
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

AISense Recorder でキャプチャされたオブジェクトに対して実行されるアクション

AISense Recorder を使用してオブジェクトをキャプチャした後、 bot がオブジェクトに対してランタイムで実行できるさまざまなアクションを実行できます。

たとえば、ボタンをキャプチャするときに、ボタンをクリックすることやボタンのテキストを取得することができます。次の表は、オブジェクトとその実行可能なアクションを示しています。

オブジェクト アクション
ボタン
  • [プロパティを取得]: キャプチャしたオブジェクト (リンク テキストなど) のプロパティの値を抽出し、変数に保存します。リンク テキストを抽出するには、コントロールに関連付けられているアンカーのテキストを入力する必要があります。
  • [クリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトを選択します。
  • [左クリック]: このアクションは、[クリック] アクションがランタイム中に機能しない場合に使用します。
  • [右クリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトに対して右クリック操作を実行します。
  • [ダブルクリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトでダブルクリック操作を実行します。
画像ボタン
  • [左クリック]: このアクションは、[クリック] アクションがランタイム中に機能しない場合に使用します。
  • [右クリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトに対して右クリック操作を実行します。
  • [ダブルクリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトでダブルクリック操作を実行します。
アクティブ テキスト
  • [左クリック]: このアクションは、[クリック] アクションがランタイム中に機能しない場合に使用します。
  • [右クリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトに対して右クリック操作を実行します。
  • [ダブルクリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトでダブルクリック操作を実行します。
パッシブ テキスト

[テキストを取得]: 指定したエリアで使用可能なテキストを取得します。

チェック ボックス
  • [プロパティを取得]: キャプチャしたオブジェクト (リンク テキストなど) のプロパティの値を抽出し、変数に保存します。リンク テキストを抽出するには、コントロールに関連付けられているアンカーのテキストを入力する必要があります。
  • [ステータスを取得]: チェック ボックスが選択されているかどうかを取得します。チェック ボックスの状態 (選択または選択解除) を返します。
  • [チェック]: キャプチャされたチェック ボックスを選択します。
  • [チェックを外す]: キャプチャしたチェック ボックスをクリアします。
  • [切り替え]: チェック ボックスを現在とは逆のステータスに切り替えます。たとえば、チェックボックスが選択されている場合に [切り替え] アクションを使用すると、選択が解除されます。
  • [左クリック]: このアクションは、[切り替え] アクションがランタイム中に機能しない場合に使用します。
  • [右クリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトに対して右クリック操作を実行します。
  • [ダブルクリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトでダブルクリック操作を実行します。
コンボ ボックス (ドロップダウン リストとして表示されます)
  • [プロパティを取得]: キャプチャしたオブジェクト (リンク テキストなど) のプロパティの値を抽出し、変数に保存します。リンク テキストを抽出するには、コントロールに関連付けられているアンカーのテキストを入力する必要があります。
  • [選択したテキストを取得]: 選択したアイテムからテキストを取得します。
  • [テキストで項目を選択]: [値を代入] フィールドで指定したテキストに一致する項目を選択します。
    注: [値を代入] フィールドでは大文字と小文字が区別されます。
  • [展開]: コンボ ボックスを展開します。
  • [クリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトを選択します。
  • [左クリック]: このアクションは、[クリック] アクションがランタイム中に機能しない場合に使用します。
  • [右クリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトに対して右クリック操作を実行します。
  • [ダブルクリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトでダブルクリック操作を実行します。
スクロールバー (コンボボックス内)
  • [スクロールアップ]: スクロールアップ操作を実行します。このアクションは、スクロールアップ ボタンを 1 回クリックするのと似ています。
  • [スクロールダウン]: スクロールダウン操作を実行します。このアクションは、スクロールダウン ボタンを 1 回クリックするのと似ています。
  • [ページ アップ]: ページ アップ操作を実行します。このアクションは、スクロールバーを上に移動させるのと似ています。スクロール バーが上に移動する距離は、[スクロール距離] フィールドで指定します。
  • [ページ ダウン]: ページ ダウン操作を実行します。このアクションは、スクロールバーを下に移動するのと似ています。スクロール バーが下に移動する距離は、[スクロール距離] フィールドで指定します。
  • [左クリック]: このアクションは、[クリック] アクションがランタイム中に機能しない場合に使用します。
  • [右クリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトに対して右クリック操作を実行します。
  • [ダブルクリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトでダブルクリック操作を実行します。
RadioButton
  • [プロパティを取得]: キャプチャしたオブジェクト (リンク テキストなど) のプロパティの値を抽出し、変数に保存します。リンク テキストを抽出するには、コントロールに関連付けられているアンカーのテキストを入力する必要があります。
  • [ステータスを取得]: ラジオボタンが選択されているかどうかを取得します。ラジオボタンの状態 (選択または選択解除) を返します。
  • [選択]: このアクションを使用して、キャプチャしたラジオボタンを選択します。
  • [左クリック]: このアクションは、[クリック] アクションがランタイム中に機能しない場合に使用します。
  • [右クリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトに対して右クリック操作を実行します。
  • [ダブルクリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトでダブルクリック操作を実行します。
テーブル
  • [プロパティを取得]: キャプチャしたオブジェクト (リンク テキストなど) のプロパティの値を抽出し、変数に保存します。リンク テキストを抽出するには、コントロールに関連付けられているアンカーのテキストを入力する必要があります。
  • [テーブルを取得]: テーブル データを取得し、テーブル変数に保存します。

    Web テーブルからデータを抽出する例

  • [インデックスでセル テキストを取得]: 行および列のインデックスにある指定セル内のデータを取得します。
    注: 行および列のインデックス数は 1 で始まります。たとえば、セル A2 のデータを取得するには、[] フィールドに「1」を入力し、[] フィールドに「2」を入力します。
  • [合計行数を取得]: 値を含む行の数を取得します。
  • [合計列数を取得]: 値を含む列の数を取得します。
  • [インデックスでセルを設定]: 行と列のインデックスにあるセルにテキストを入力します。
    注: 行および列のインデックス数は 0 で始まります。たとえば、セル A2 にテキストを入力するには、[] フィールドに「0」を入力し、[] フィールドに「1」を入力します。
  • [クリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトを選択します。
  • [左クリック]: このアクションは、[クリック] アクションがランタイム中に機能しない場合に使用します。
  • [右クリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトに対して右クリック操作を実行します。
  • [ダブルクリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトでダブルクリック操作を実行します。
テキスト ボックス
  • [プロパティを取得]: キャプチャしたオブジェクト (リンク テキストなど) のプロパティの値を抽出し、変数に保存します。リンク テキストを抽出するには、コントロールに関連付けられているアンカーのテキストを入力する必要があります。
  • [テキストを設定]: キャプチャしたフィールドに指定したテキストを入力します。認証情報をサポートします。

    Bot editor における資格情報と資格情報変数

  • [テキストを追加]: キャプチャしたフィールドの既存テキストの末尾にテキストを追加します (既存のテキストは上書きされません)。
  • [クリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトを選択します。
  • [左クリック]: このアクションは、[クリック] アクションがランタイム中に機能しない場合に使用します。
  • [右クリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトに対して右クリック操作を実行します。
  • [ダブルクリック]: このアクションを使用して、キャプチャしたオブジェクトでダブルクリック操作を実行します。
フィードバックを送る