Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot のビルドを始める

  • 更新済み: 2022/01/31
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

Bot のビルドを始める

次の 3 つの例では、クラウド ベースの Bot エディター を使用した Bot のビルド方法について紹介しています。アクションユニバーサル レコーダー を使用して、アプリケーションやブラウザのタスクを自動化する例を示します。

GO BE GREAT Bot のビルド
[メッセージ ボックス] アクションと変数を使用して、基本的な Bot をビルドします。次の手順に従って、「Hello World!」の Automation Anywhere バージョン、「Go be great!」のメッセージを出力する最初の Bot を作成してください。
デスクトップ アプリケーションを使用する基本的な Bot のビルド
カリキュレーターが開いていることを確認する条件付きステートメントを使用してから、2 つの数字を乗算するカリキュレーターを使用する Bot をビルドします。この例では、アプリケーションIfキーストロークのシミュレーションメッセージ ボックス、および ウィンドウ パッケージアクション を使用します。
Web テーブルからのデータ抽出例
Wikipedia の Web サイトを表示するブラウザ ウィンドウの表示、テーブルからのデータ抽出、デスクトップ上の CSV ファイルへのデータ書き込みを行う Bot を構築します。この例では、ブラウザデータ テーブルレコーダー および ウィンドウ パッケージアクション を使用します。

その他の例については、「Bot のビルド例」を参照してください。

その他のリソース

フィードバックを送る