Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

API レスポンス コード

  • 更新済み: 2022/04/06
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace
    • API ドキュメント

API レスポンス コード

Automation 360 API のレスポンスの HTTP ステータス コードを確認します。

ステータス コード HTTP 名 説明
200 OK 成功
201 作成済み POST、PATCH、PUT リクエストの成功。
202 承認済み リクエストが処理のために受け入れられたが、処理が完了していないことを示します。
204 コンテンツなし DELETE リクエストと一部の PATCH リクエストの成功。
400 リクエストが不正 リクエスト URL またはリクエスト パラメーターが正しくありません。
401 認証が必要 認証情報の詳細を提供します。
403 不正アクセス 操作は承認されていません。
404 未検出 Control Room サーバーは、要求された URL が検出できませんでした。
409 競合 コードがリソースの現在の状態 (重複エントリなど) と競合するため、リクエストを完了できませんでした。
500 内部サーバー エラー サーバーで問題が発生したことを示します。クッキーとキャッシュをクリアしてから、ページを再ロードします。
フィードバックを送る