Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation 360 ライセンス

  • 更新済み: 2022/06/28
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace
    • 概要

Automation 360 ライセンス

[すべてのライセンス] ページには、現在の製品とデバイス ライセンスに関する詳細情報が表示されます。

製品ライセンス

Automation Anywhere Control Room はデジタル ワークフォースの中心的な Web アプリケーションで、エンタープライズ規模の管理と制御を提供します。Control Room により、信頼できる、スケーラブルでセキュアな Bot のデプロイおよび実行が保証されます。この中央の視点から、オペレーターは Bot Creator からタスクを受け取って、簡単なマウス クリックで実行のために Bot Runner をプッシュできます。Control Room は、スケジュールが設定されて実行中のすべての Bot をリアルタイムで監視・監査します。

Control Room は、NIST 変更管理 CM-10 に対応し、ライセンス供与されたソフトウェアの使用を Bot Creator および Bot Runner 全体にわたって追跡・管理する自動化メカニズムを搭載しています。

デバイス ライセンス

[デバイス ライセンス] セクションには、購入したライセンスの数、使用されているライセンスの数、および使用可能なライセンスの数が表示されます。Control Roomクラウド からライセンスを追加した場合、ライセンス ページには他の Control Room インスタンスで処理されたページ数も表示されます。

ライセンス 許可
Bot Creator Users with this license can create, edit, schedule, and trigger Bot. Additionally, these users can run Bot in the following ways:
  • On their local machine
  • From the public workspace if the Control Room administrator has specified a Run as user for unattended Bot Runner
Bot Runner このライセンスを持つユーザーは、Bot を独立、非同期で実行できます。
Unattended Bot Runner - ランタイム ライセンス このライセンスを持つユーザーは、Attended ユーザーが実行可能なすべてのオートメーション タスクを実行できます。さらに、このライセンスは Automation Anywhere Control Room のデプロイ、集中化されたスケジュール設定、API に基づくデプロイにも使用できます。
注: Bot Runner ライセンスを持つユーザーに対してのみ、すべてのトリガーの中から任意のトリガーを関連付けることができます。また、Unattended Bot Runner ライセンスを持つユーザーに対して、[ホットキー]、[インターフェース]、[ウィンドウ] などのトリガーを関連付ける場合、以下の条件が適用されます。
  • デフォルト デバイスがログオフ状態やロック状態でないこと。

  • Bot をトリガーできる事前定義されたタスクを実行するには、ユーザーがデバイスにログインしていること。

Attended Bot Runner - ランタイム ライセンス このライセンスを持つユーザーは、自身のデバイスで Bot を実行できます。ただし、これらのユーザーは、自身のデバイス以外で Bot を実行またはスケジュールすることはできません。
シチズンディベロッパー ライセンス このライセンスを持つユーザーは、デバイス上で Bot を作成および実行できます (トリガー付き Bot を含む)。

シチズンディベロッパー ロールの作成

IQ Bot のページ このライセンスは、ドキュメントを Automation 360 IQ Bot または ドキュメント オートメーション のいずれかの高度な文書処理ソリューションにアップロードするのに必要です。
Standard Forms のページ このライセンスは、Standard Forms で処理するためのドキュメントをアップロードするのに必要です。
ドキュメント AI ドキュメント オートメーション ユーザーが Google Document AI でドキュメントを処理できるようにします。
注: この指標は、Automation Anywhere を通じて Google Document AI ライセンスを購入したお客様にのみ表示されます。
IQ Bot 分類子 このライセンスを持つユーザーは、ドキュメントを分類子にアップロードできます。分類子では、ドキュメントがドキュメント グループに分類されます。これにより、抽出精度が向上します。