Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

File2 属性の使用

  • 更新済み: 2021/06/08
    • Automation 360 v.x
    • 調査
    • RPA Workspace

File2 属性の使用

正規表現 (regex) を使用して文字列のパターンを作成する際に、FILE2 属性を使用できます。ファイルの識別に便利で、FILE パスをサポートしています。

例: FILE2 属性タイプ

インデックス、タイプ、LocalFile、ラベルおよびオプションの説明など、FILE2 を使用する値を定義します。

@BotCommand
@CommandPkg(label = "[[File2TypeDemo.label]]",
		description = "[[File2TypeDemo.description]]", icon = "sample.svg", name = "file2TypeDemo")
public class File2TypeDemo {

	private static Logger logger = LogManager.getLogger(File2TypeDemo.class);

	@Execute
	public void regexFile(
			@Idx(index = "1", type = AttributeType.FILE2)
			@Pkg(label = "[[File2TypeDemo.localFile.label]]")
			@NotEmpty
			@LocalFile
					FileValue fileValue)
	{
		if (fileValue.isRegex()) {

			RegexFile regexFile = fileValue.getRegex();
			logger.debug("folder name {}", regexFile.getFolder());
			logger.debug("local file location {}", regexFile.getFileNamePattern().toString());
		}
		else {
			logger.debug("Regex option is not selected");
		}
	}
フィードバックを送る