Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IE Bot を変換するための Bot 更新ウィザード

  • 更新済み: 2022/08/10
    • Automation 360 v.x
    • RPA Workspace
    • Learn

IE Bot を変換するための Bot 更新ウィザード

Bot 更新ウィザード を使用して、Automation 360 で作成された Internet Explorer Bot を IE モードの Microsoft Edge に変換します。

前提条件

  • 管理者としてログインしているか、または、Bot の更新を実行するユーザーと選択した Bot Runner に以下の権限が付与されていることを確認します。
    • Bot の更新を実行するユーザー:
      • Bot の更新を表示
      • Bot の更新をマネージ
      • ユーザーおよびロールの基本情報を表示
      • 全員の監査ログ アクションを表示
      • パッケージを表示
      • マイ Bot を表示
      • マイ Bot を実行
      • Botサンプル Bot、および更新する Bot を含むフォルダーに対する以下の権限が必要です。
        • 実行
        • チェックイン
        • チェックアウト
        • コンテンツを表示
      • 更新を実行するために選択する Bot Runner へのアクセス権を持つロール ([管理] > [Bot の更新] > [Bot Runner] ページ)
    • Bot Runner:
      • Unattended Bot Runner ライセンス
      • [自動ログイン設定] ステータス
      • Bot Runner ユーザーに Bot の更新を許可
      • フォルダーを作成
      • パッケージを表示
      • デバイスを登録
      • マイ Bot を表示
      • マイ Bot を実行
      • 更新する Bot が含まれるフォルダーに対する以下の権限:
        • チェックイン
        • チェックアウト
      • [デフォルト デバイス] 設定

    ユーザーとロールの作成方法の詳細については、「ユーザーを作成」と「ロールの作成」を参照してください。

  • Internet Explorer Bot は、変換のためにあらかじめ特定されている必要があります。
  • Bot は、[チェックイン済み] で、[公開] ワークスペースで使用できなければなりません。
注: Internet Explorer を使用して作成された Enterprise 10 および Enterprise 11Bot を変換するために、Bot 更新ウィザード を使用することはできません。詳しくは、「Bot 移行ウィザード」をご覧ください。

手順

  1. Control Room で、[管理] > [Bot を更新] の順に移動します。
    以前に Bot を更新していない場合、Bot は [Bot を更新] ページの [Bot 更新リスト] には表示されません。
  2. [Bot を更新] をクリックして、Bot 更新ウィザード を開きます。
  3. [設定] タブで、Bot を更新するための名前や説明などの詳細を追加します。
  4. [次へ] をクリックします。
  5. [Bot] タブで、Internet Explorer Bot が含まれている Bot フォルダーに移動します。
  6. 選択可能なファイルのリストから Bot を選択し、選択したファイルのリストに Bot を追加します。
    最新またはプロダクト バージョンの Bot から選択できます。
    注: 依存関係にある Bot を選択する必要はありません。依存関係にある Bot は自動的に選択されます。
  7. [次へ] をクリックします。
  8. Bot Runner のリストから Bot Runner デバイスを選択して、Bot の更新を実行します。
  9. [次へ] をクリックします。
  10. [Bot と依存関係にある Bot] タブで、Bot のタイプ、名前、バージョン、フォルダー パスなどの詳細を確認します。
  11. [Bot を更新] をクリックします。
    選択した Bot と依存関係にある Bot が、IE から IE モードの Microsoft Edge への変換のために、選択した Bot Runner にデプロイされます。Bot は一度に 1 つずつ変換され、Bot の新しいバージョンが Control Room 公開リポジトリにアップロードされます。Bot の変換プロセス中に、更新された Bot の新しいエントリが [Bot 更新リスト] ページに作成されます。

    このページには、変換のために更新された Bot のステータスとサマリーが表示されます。ページを更新すると、現在の Bot の変換ステータスを確認できます。

    Bot 更新リストページ

    変換プロセス中の Bot の変換ステータスのリストは、次のとおりです。

    • 進行中: Bot の変換が開始されたことを示します。
    • 完了: Bot の変換プロセスが完了したことを示します。
    • 失敗: 1 つ以上の Bot の変換に失敗したことを示します。
  12. アクション メニュー (アクション アイコンの画像 (縦の 3 点リーダー)) で [Bot の更新の詳細を表示] を選択し、各 BotBot 変換の詳細を表示します。
    IE Bot の変換レポート」を参照してください。