Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Control Room から Azure DevOps Git への接続

  • 更新済み: 2022/04/09
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace

Control Room から Azure DevOps Git への接続

Control Room を介して Azure DevOps Git に接続し、Bot とその依存ファイルをリモートの Azure DevOps Git リポジトリにチェックインして管理できます。チェックインしたすべての Bot とその依存ファイルのバックアップを AzureDevOps に作成します。

前提条件

  • Control Room から Azure DevOps Git に接続するには、AAE_Admin ロールを持っていることを確認してください。
  • Azure DevOps のアカウントがあることを確認してください。

手順

  1. Azure DevOps のアカウントにログインします。
  2. Azure DevOps プロジェクトを作成します。プロジェクトの名前と説明を入力し、プロジェクトの可視性 (公開または非公開) を選択して、[作成] をクリックします。
  3. [リポジトリ] をクリックします。
  4. [Git 資格情報の生成] をクリックします。ユーザー名とパスワードまたはトークンを入力します。Git に接続するためのトークンを取得するときは、[読み取り] と [書き込み] の権限があることを確認してください。
  5. Control Room 内の [管理] > [設定] > [Git 統合] > [構成] > [Git 統合の設定] > [編集] > [Git リポジトリ パス (ユーザー名を含む)] へ、Git リポジトリのパスを変更せずにコピーし、パスワード/トークンを入力します。
  6. [接続および保存] をクリックします。
  7. 接続が成功したかどうかを確認するには、非公開リポジトリから公開リポジトリにファイルをチェックインし、変更が Azure DevOps Git リポジトリにプッシュされることを確認します。
フィードバックを送る