Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Attended オートメーションおよび Unattended オートメーション

  • 更新済み: 2022/08/11
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace
    • 概要

Attended オートメーションおよび Unattended オートメーション

Automation Anywhere RPA ワークスペースは、ルーチン タスクを効率的に管理できる Bot をユーザーが作成できるように、Attended オートメーションおよび Unattended オートメーションを提供します。ユーザーは手動での概要や承認が必要な重要な入力に集中し、Bot はデータベース全体の情報の収集、データの検証、チャットへの応答などのタスクを処理します。

概要

人間とソフトウェア Bot のコラボレーションは、Attended オートメーションと呼ばれます。Attended オートメーションはユーザーの監視が必要なため、小規模で断片化されたタスクでの使用に最適です。ただし、ビジネスプロセス内の一部のタスクは、時間の経過とともに大きく変化しないため、データの収集や複数のデータベースからの情報の取得など、広範なユーザーの介入を必要としない場合があります。ユーザーの判断をほぼ必要としないタスクが、他の Bot タスクをトリガーするように構成されている場合は、Unattended オートメーションと呼ばれます。Unattended オートメーションは、高度な権限と資格情報を必要とする特権操作を実行するのに便利です。

Automation 360 は、完全な RPA ソリューション向けに、Attended オートメーションと Unattended オートメーションを組み合わせることで、次のようなメリットをもたらします。

  • 複数のアプリケーションまたはデータベース間の自動統合により、ユーザーの介入をほとんど必要とせずにエラーを削減できます。
  • 使いやすいインターフェースを介してリアルタイムで Bot アクセスします。
  • ユーザーは、リアルタイムで Bot を起動するトリガーを設定または変更できます。

Attended オートメーションについては、次のビデオをご覧ください。

フィードバックを送る