Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot エージェント と Control Room の通信

  • 更新済み: 2022/05/23
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

Bot エージェントControl Room の通信

Bot エージェントは、さまざまなチャネルを使用して Control Room と通信します。ループバック インターフェース、ブラウザ プラグイン、WebSocket 接続などの通信チャネルを使用して、関連データを直接的または間接的に転送しています。

Bot エージェント通信チャネルを示す図

ブラウザからループバックへのインターフェース

ブラウザからループバックへのインターフェース チャネルは、Bot エージェント デバイスの初期登録時および登録後に、Control Room への現在の接続ステータスを確認するために使用されます。ループバック インターフェースは、HTTP の非暗号化接続を使用します。

このチャネルでは、以下の初期登録データが転送されます。

  • Control Room ユーザートークン。ブラウザの開発者ツールからアクセス可能です。
  • Control Room URL
  • デバイス ID、プロキシの構成の有無、認証使用の有無などのプロキシ メタデータ。

このチャネルでは、以下の接続ステータス データが転送されます。

  • デバイス ID
  • Control Room URL
  • システムレベル、ユーザーレベルなどのインストール タイプ
  • デバイス ID、プロキシの構成の有無、認証使用の有無などのプロキシ メタデータ。

ブラウザから Control Room

ブラウザから Control Room へのチャネルは、ブラウザが Control Room に接続するために使用されます。このチャネルで転送されるデータには、すべての Control Room Web データが含まれます。ブラウザは、HTTPS による暗号化接続を使用します。

プラグインから Bot エージェント 名前付きパイプ

プラグインから Bot エージェント名前付きパイプへのチャネルは、ブラウザのために認証済みプロキシを取得する場合に、現在ログインしているユーザー名と資格情報をフェッチするために使用されます。プラグイン チャネルは、ユーザー権限で保護されています。

Bot エージェント から Control Room WebSocket

Bot エージェントから Control Room WebSocket へのチャネルは、Bot エージェントControl Room 間のすべてのコマンドとデータ転送に使用されます。このチャネル経由で転送されるデータには、Bot エージェントから Control Room へのリクエスト、Bot コード転送、パスワード データ、Control Room から Bot エージェントへのリクエストが含まれます。パスワード データは、チャネルの TLS 暗号化に加え、デバイスのパブリックキーでペイロード暗号化されます。

フィードバックを送る