Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

データベース要件

  • 更新済み: 2021/10/06
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

データベース要件

サポートされているデータベース、データベース サーバー タイプ、バージョン、ハードウェアや、オペレーティング システムの要件、データベース バックアップと復旧の要件のリストを表示します。

Automation Anywhere のインストールでは、分析ダッシュボード用の bot データとメタデータを保管するためのデータベースが作成されます。
注: Automation Anywhere は、ディスク スペースの使用量、メモリ、データベースに関連するその他のアラート メカニズムなど、データベース アクティビティのための監視機能は提供しません。これらは、当該のツールを提供するデータベース ベンダーや、第三者の独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) から取得可能な商用ツールです。

最新のアップデートについては、「Microsoft SQL Server Hardware and Software requirements」を参照してください。

データベース サーバーのハードウェア要件

コンポーネント サーバー プロセッサ RAM ストレージ ネットワーク
Microsoft SQL Server データベース

2.5 GHz 以上の 4 コア Intel Xeon プロセッサー

8 GB 500 GB 1 GbE
注: その他のアプリケーション データベースとともに Control Room データベースをホストする場合は、比例してハードウェア リソースを増やすようにします。

データベース サーバー バージョンとオペレーティング システム要件

Microsoft SQL Server データベースが必要です。

データベース タイプ データベース バージョン データベース エディション インストールされている OS サポートされるプラットフォーム 構成要件
Microsoft SQL Server データベース
  • 2019
  • 2017
  • 2016
  • 2014
  • Enterprise
  • エキスプレス
  • 標準
  • Developer (2019 対応)
  • Windows Server 2008 R2 Standard 以降
  • Linux CentOS 7.7、7.9、および 8.3
  • Red Hat Enterprise Linux 7.7、7.9、および 8.3
Amazon Web Services Relational Database Service (RDS)

インストールおよび構成済みです。

エクスプレス インストールのみのオプション

名前付きパイプと TCP/IP のプロトコルを有効にします。

  • すべてのデータベース バージョンは、すべての認定オペレーティング システムをサポートしています。
  • PaaS デプロイ用の SQL Server および Azure SQL 単一データベース用の Amazon RDS が認定されています。
  • フェールオーバーのシナリオを考慮して、データベースを別々のホストでホストすることをお勧めします。
  • 実稼働環境での使用には、エンタープライズ版または標準版の Microsoft SQL Server データベースを推奨します。また、HA および DR のデプロイでは、事業継続性を確保してください。

    データ サイズに関する制限、SQL エージェントの非有用性、DR 機能などの考慮事項に基づいて、Microsoft SQL Server の Express 版を Automation 360 のテストおよび概念実証 (POC) 目的で構成できます。

    スケール リミットの詳細については、「Microsoft SQL Server Express edition scale limits」を参照してください。

Automation Anywhere のインストールに必要なデータベース情報

Automation Anywhere をインストールする場合、使用しているデータベース タイプ特有の情報を入力するよう要求されます。下表には、必要な情報が概説されています。

Microsoft SQL Server データベース
必要な情報 説明
データベース (SQL Server) 認証
注: Linux インストールでは、この認証方法を使用します。

データベースへの接続が許可された Microsoft SQL Server ユーザーの資格情報を入力します。

認証用のユーザー名とパスワードには、サポートされている文字のみを使用してください。「サポートされている特殊文字」を参照してください。データベースのパスワードにはセミコロン ( ; ) を使用しないでください。

Linux の例:

SQL データベース サーバー ログイン ID: sa

SQL データベースのパスワード: Automation123

sa ユーザー認証は必須です。

データベース名

データベース名は、空欄のままにしたり、スペースやパーセント ( % ) を含めたりすることはできません。名前には、英数字、ピリオド ( . )、ハイフン ( - )、およびアンダースコア ( _ ) のみを使用します。

デフォルト名: Automation360-Database

データベース ポート デフォルト: 1433

このポートへの接続は必須です。

安全な接続 (オプション) と証明書 CA 証明書を提供します。証明書とデータベース接続のホスト名が同じであることを確認します。
サービス資格情報

インストール時にデータベースを作成するため、db_datareaderdb_datawriter、または db_ddladmin 権限をユーザーに付与します。

ドメイン ユーザー アカウントの使用が、おすすめの方法です。

Windows 認証

データベース サーバーに接続するためにデバイスにログインしたユーザーの Windows 資格情報。

Automation 360 をインストールする前に、追加のファイアウォール設定を構成し、デフォルトのポートへの接続を確認して、SA ユーザーに対する SQL クエリが想定どおりに動作していることを確認します。
フィードバックを送る