Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Google パッケージの接続アクションの使用

  • 更新済み: 2022/03/16
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

Google パッケージの接続アクションの使用

[接続] アクションを使用して Google サーバーとの接続を確立し、同じパッケージからの他のアクションを使用してタスクを自動化します。このアクションのすべてのフィールドは、資格情報 Vault からの資格情報子、変数、またはユーザー入力値を受け入れます。

前提条件

Google Cloud Platform で OAuth 設定を構成し、Automation Anywhere EnterpriseGoogle G Suite アプリケーションに接続するために必要な資格情報を取得します。
  1. まだ作成していない場合は、プロジェクトを作成します。
  2. Google ドライブ API、Google カレンダー API、Google シート API.など、自動化する Google G Suite アプリケーションの API を有効にします。
  3. OAuth 2.0 をセットアップ してクライアント ID とシークレットを生成する手順を実行します。
    注:
    • [Web アプリケーション] オプションを選択します。
    • 許可されたリダイレクト URI: http://localhost:8888/Callback を追加します。
  4. Automation Anywhere Enterprise への接続に使用するユーザー名にユーザー同意を設定するには、次の手順を実行します。

手順

  1. アクション パレットで、使用するパッケージから [接続] アクションをダブルクリックまたはドラッグします。
  2. [ユーザー名] フィールドで、有効なユーザー名を入力するか、Google ユーザー名を含む資格情報または資格情報変数を選択できます。値を入力するには、[安全でない文字列] をクリックします。
  3. Google カレンダー または Google シート パッケージの [接続] アクションを設定する場合は、セッション名を入力します。
  4. [クライアント ID] フィールドで、クライアント ID を含む資格情報または資格情報変数を選択します。値を入力するには、[安全でない文字列] をクリックします。
  5. [リダイレクト URI] フィールドに「http://localhost:8888/Callback」と入力します。
    注: Google シート パッケージ では、[リダイレクト URI] 属性はサポートされていません。Google Cloud Platform に固定リダイレクト URL を直接入力します。http://localhost:8888/Callback
  6. [クライアントのシークレット] フィールドで、アクセス トークンを含む資格情報または資格情報変数を選択します。値を入力するには、[安全でない文字列] をクリックします。
  7. Google シート では、[取得]、[設定] または [削除] などの アクション を実行するときに、[アクションの完了を待機 (分)] フィールドに待機時間 (分単位) を指定できます。デフォルトでは、待機時間は 10 分です。
    指定した時間内に Google シートが開かない場合は、タスクは次の一連のアクションを実行します。
    注: [接続] アクション を使用して Google サーバーに接続する場合、[アクションの完了を待機 (分)] オプションは Google シート パッケージ でのみサポートされます。
  8. [保存] をクリックします。

次のステップ

Bot を初めて実行すると、Google ログイン ウィンドウが表示されます。Google アカウントを選択し、リクエストされたアクセス権限を承認する必要があります。

このトークン ファイルは、Bot のデプロイ時に初めてアクセス権を付与した後に生成されます。[ユーザー名]、[クライアント ID] および [クライアント シークレット] フィールドに入力した値に基づいて作成され、アクセス権を提供するために初回のみ資格情報を要求します。次回は、同じトークン ファイルを使用して Google シート に接続します。
  • [クライアント ID] および [クライアント シークレット] に何らかの変更があった場合、または初めてアクセス権を付与するときに間違ったパスワードを入力した場合は、既存のトークン ファイルを削除して機能させる必要があります。
  • 最初にアクセス権を付与するときに正しい資格情報を入力し、Google シート に正常に接続できた場合は、次にパスワードだけが変更された場合でも、トークン ファイルは期待どおりに動作するため、トークン ファイルを削除する必要はありません。

同じ Google パッケージの他のアクションを使用して、タスクを自動化します。他の Google パッケージからのアクションを使用するには、そのパッケージの [接続] アクションを使用して接続を確立します。

フィードバックを送る