Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Chrome および Edge Manifest V3 の拡張機能

  • 更新済み: 2022/08/25
    • Automation 360 v.x
    • RPA Workspace
    • Learn

Chrome および Edge Manifest V3 の拡張機能

Google が 2023 年 1 月までに Manifest V2 拡張機能を廃止するため、Chrome および Edge ブラウザで当社の現行 Manifest V2 拡張機能を使用している既存オートメーションに影響を与える可能性があります。お客様が Manifest V3 拡張機能への切り替えを開始できるように、次回リリースの Automation 360 v.26 で、Manifest V3 拡張機能を公開する予定です。

Manifest V2 EOL の非推奨について

マニフェストは、ブラウザの拡張機能のビルドで使用される仕様です。Google は Manifest V2 拡張機能を廃止するため、セキュリティ、個人情報保護、パフォーマンスが強化された Manifest V3 拡張機能への切り替えを計画することをお勧めします。

お客様への影響: 現在の Chrome および Edge Manifest V2 拡張機能を使用しているオートメーションは、2023 年 1 月までに機能停止します。Enterprise グループ ポリシーを使用して、2023 年 6 月まで Manifest V2 拡張機能を使用し続けることを選択できます。ただし、この日付以降は、V3 拡張機能に切り替えなければオートメーションは動作しなくなります。

Manifest V2 の詳細やサポート スケジュールについては、以下のページを参照してください。

ブラウザの拡張機能を使用している Automation 360 機能

以下の Automation 360 機能は、Chrome または Edge で Web アプリケーションを実行するために、Chrome または Edge ブラウザの拡張機能を使用しています。
  • Control Room での Bot エージェント デバイスの登録 (Chrome 拡張機能のみを使用)
  • ユニバーサル レコーダーまたはブラウザ パッケージを介した Web アプリケーションのオートメーション
  • ユーザー インターフェース ベースのトリガー
  • OCR やマウス クリックなどのウィンドウ タイトルを使用しているパッケージ

Manifest V3 拡張機能への切り替えを計画する

Automation 360 のお客様:
Chrome と Edge の新しい Manifest V3 拡張機能は、Automation 360 v.26 リリースで公開する予定です。また、2023 年 1 月または 6 月までに Manifest V3 拡張機能に切り替える時間を確保するため、2023 年 6 月まで Manifest V2 拡張機能のサポートを継続する予定です。Manifest V3 拡張機能への切り替えには、以下のオプションがあります。
  • 新規のお客様: Automation 360 v.26 から使い始めるユーザーは、直接 Manifest V3 拡張機能を使用します。Manifest V2 拡張機能の非推奨による影響はありません。
  • クラウド のお客様: 当社のクラウド デプロイは 10 月中旬までに Automation 360 v.26 に更新されるため、お客様はお使いの Bot エージェントを更新する時点で Manifest V3 拡張機能に切り替えます。
  • オンプレミス のお客様:
    • V.26 への更新: 以前のバージョンから Automation 360 v.26 に更新するお客様は、お使いの Bot エージェントを更新する時点で、Manifest V3 拡張機能に切り替えます。
    • v.25: 9 月末までに、Automation 360 v.25 対応の Control Room パッチを提供する予定です。お客様は、パッチをインストールした後、お使いの Bot エージェントを更新する時点で、Manifest V3 拡張機能に切り替えます。
    • v.24、v.23、v.22: Automation 360 v.24 以前のお客様は、Automation 360 v.26 以降のリリースに更新することを強くお勧めします。更新しないことを選択された場合、当社はすべての Bot エージェントおよび Bot Runner デバイスを Manifest V3 拡張機能に切り替えるために実行する一連のステップを提供します。
    • v.21 以前: Automation 360 の最新バージョンに更新することを強くお勧めします。
      注: Manifest V2 拡張機能のサポートを 2023 年 6 月まで延長する Chrome グループ ポリシーを使用することで、MV3 拡張機能への切り替えを延期することができます。
Automation 360 へ移行されるお客様
デフォルトで Manifest V3 拡張機能をしている Automation 360 v.26 に移行することをお勧めします。Automation 360 v.25 に移行している場合は、9 月末までにリリース予定の Control Room パッチをインストールする必要があります。
フィードバックを送る