Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

完了したアクティビティの表示

  • 更新済み: 2022/07/06
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace

完了したアクティビティの表示

完了したすべてのアクティビティと、対応する情報の一覧は [アクティビティ] > [履歴] ページで確認できます。

完了したアクティビティ

[履歴] ページで [ステータス] 検索パラメーターを使用して、完了したすべてのアクティビティを表示できます。テーブル内のデータを CSV 形式でエクスポートしたり、列をカスタマイズしたり、完了したアクティビティをテーブル内のリストで更新したりすることができます。

[履歴] ページの Bot 実行情報の保持期間は、デプロイに応じて異なります。さまざまなデプロイの保持期間を、次の表に示します。
デプロイ 保持期間 (日数)
Community Edition 30
クラウド 90
オンプレミス 無制限 (自動削除なし)
注:
  • オンプレミス デプロイでは、指定した保持期間を超えた Bot 実行情報は監査ログで確認でき、これらのログは削除されません。
  • クラウド デプロイについては、 Automation 360 クラウド データ保持ポリシー を参照してください。
注:
  • [OR] 演算子を使用して、同じ列に検索パラメーターを指定します。
  • 複数の異なる列に検索パラメーターを指定すると、システムは [AND] 演算子を使用して検索します。
完了したアクティビティのテーブルに対して、次のアクションを実行できます。
  • 列項目を昇順または降順で並べ替える。
  • ドラッグ アンド ドロップで列を移動する、列の並びを変更する。
  • 列の幅をサイズ変更する。

アクティビティ詳細

次のテーブルは、完了したアクティビティに関するさまざまな詳細を説明したものです。
パラメーター 説明 可能な値と例
ステータス ステータスに基づきアクティビティを検索。 Completed
項目名 トリガーされた項目に基づきアクティビティを検索。 Bot 名、Bot を実行した日時、Bot を実行したユーザー名の組み合わせからなる、固有のシステム形式の汎用名。

たとえば、recorder_Recorder_2.7.3-20220527-004608.2022.07.04.09.32.16.botcreator です。

自動化の優先度 オートメーションに割り当てられた優先度に基づき、アクティビティを検索。
  • Low
  • Medium
  • High
デバイス名 アクティビティが実行されているデバイスの名前に基づき、アクティビティを検索。 ユーザー指定のデバイス名
Bot 名 Bot の名前に基づき、アクティビティを検索。 ユーザー指定の Bot
ユーザー アクティビティを作成したユーザー名に基づいてアクティビティを検索。 ユーザーが指定した名前
開始日 アクティビティが開始した日時。 たとえば、19:01:24IST 2022-06-06 です。
終了日 アクティビティが終了した日時。 たとえば、19:01:40IST 2022-06-06 です。
最終変更日 アクティビティが最後に変更された時刻。 たとえば、57 minutes ago3 weeks ago
変更者 アクティビティを変更したユーザーの名前。 ユーザーが指定した名前

アクション

以下の操作で、任意の個別項目を表示することができます。
表示
完了したアクティビティの詳細を表示します。
フィードバックを送る