Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ロールの作成

  • 更新済み: 2022/03/24
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace

ロールの作成

管理者は、機能へのアクセス、および Control RoomBot の作成、編集、削除などの操作を行う権限を持つロールを設定し、そのロールをユーザーに割り当てることができます。

前提条件

Control Room に管理者としてログインしていることを確認します。

各ユーザーに特定の権限を割り当てます。Control Room 管理者によって無効化されているユーザーは選択できません。

手順

  1. [管理] > [ロール] の順に移動します。
  2. [ロールを作成] をクリックします。
  3. [名前] を入力します。
  4. オプション: 説明を入力します。
  5. 機能のアクセス許可を選択します。
    利用可能な機能のアクセス許可については、「ロールに対する機能のアクセス許可」を参照してください。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. 選択したオプションに基づき、必要なアクションを実行します。
    オプションアクション
    [マイ Bot を表示] 権限 Bot の権限を選択します。

    ロールに対する Bot 権限

    [マイ Bot を実行] 権限 Bot Runner のデバイスを選択します。
    マイ フォルダーから全員のアクティビティを表示 他のユーザーが開始した Bot アクティビティを表示。このユーザーが権限を実行したり、スケジュール設定したりするフォルダーから表示します。
    マイ フォルダーから全員のアクティビティを管理 [一時停止]、[再開]、および [停止] などの Bot アクティビティを管理。権限を実行したり、スケジュール設定したりするフォルダーから異なるユーザーによって開始されます。
  8. [次へ] をクリックします。
  9. リストからユーザーを選択します。
  10. [ロールを作成] をクリックします。
フィードバックを送る