Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

グローバル値の作成

  • 更新済み: 2022/04/27
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

グローバル値の作成

AAE_admin ロールを持つユーザーは、グローバル値の作成、データ タイプの構成、デフォルト値の設定に加えて、管理者以外のユーザーによる値の更新を可能にすることができます。

手順

  1. 管理者としてログインし、[マネージ] > [グローバル値] の順に移動します。
    [すべてのグローバル値] が表示され、グローバル値のテーブルが表示されます。
  2. [グローバル値を作成] をクリックします。
  3. わかりやすい名前を 50 文字以内で入力します。
    注:
    • グローバル値が初期化されている場合は、名前を変更できません。
    • グローバル値の名前に Java キーワード (String、Boolean、Integer、Public、Finally など) を使用することはできません。
  4. オプション: 説明を 255 文字以内で入力します。
  5. ドロップダウン リストからデータ タイプを選択します。
  6. デフォルト値を入力します。
    注: 値が初期化されている場合は、タイプを変更できません。
  7. ユーザーが値を上書きできるかどうかを指定します。
    • [変更不可]: デフォルト値は、すべてのユーザーと Bot で一貫しています。
    • [変更可能]: ユーザーは、デフォルト値を上書きして、Bot で使用することができます。
    注: グローバル値を作成する際に、範囲を [変更不可] に設定すると、後から [変更可能] に変更できません。グローバル値の範囲を [変更可能] に設定する場合は、値を削除して、範囲を [変更可能] にして再作成してください。
  8. [グローバル値を作成] をクリックします。
フィードバックを送る