Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[ターミナル エミュレータ] パッケージ

  • 更新済み: 2022/03/30
    • 11.3.x
    • 概要
    • Enterprise

[ターミナル エミュレータ] パッケージ

[ターミナル エミュレータ] パッケージ には、別のマシンに接続してタスクを自動化できる アクション が含まれています。リモート マシンにアクセスして操作をコントロールするには、これらの アクション を使用します。たとえば、別のオペレーティング システムでアプリケーションを実行してファイルにアクセスできます。

ターミナル エミュレータでは、マシンはコマンド ラインまたはグラフィカル インターフェースを使って別のマシンに接続して通信することができます。ターミナル エミュレータは Telnet または SSH プロトコルを使って、他のマシンと通信します。

ターミナル エミュレータがサポートするのは、ANSI、TN3270E、TN5250E、および VT100 のターミナル タイプのみです。

Important:Bot と子 Botターミナル エミュレータ パッケージ の異なるバージョンを使用すると、Bot をまたがってセッションを共有する機能は、現在サポートされていません。親と子の Bot でセッションを共有するには、必ず親と子の両方の Bot で同じバージョンのパッケージを使用します。

開始前

重要: 異なるターミナル タイプへの接続を確立する前に、システムに Visual C++ 2019 の再頒布可能パッケージがインストールされていることを確認します。A 2019.14 (ビルド 5322) より前のバージョンの Automation 360 を使用している場合は、Visual C++ 2013 の再頒布可能パッケージまたは Visual C++ 2015 の再頒布可能パッケージをシステムにインストールする必要があります。

使用可能な アクション セットを使用する手順の一環として [ターミナル エミュレータ] パッケージの以下の アクション を実行します。

  1. [接続] アクション を使用して、ホスト マシンとの接続を確立します。

    ターミナル エミュレータ関連のタスクを自動化するには、まずホスト マシンとの接続を確立する必要があります。接続の確立時は、ホスト マシンの詳細を指定し、セッション名に関連付けます。この アクション で指定したセッション名は他の アクション でも使用できるので、これらの アクション でホスト マシンの詳細を再度指定する必要はありません。「[接続] アクション を使用する」を参照してください。

    重要: 接続を確立する前にこの パッケージ から他の アクション を使用した場合は、エラーが発生します。
  2. [ターミナル エミュレータ] アクション を使用してタスクを自動化します。たとえば、[フィールドを取得] アクション を使用して特定のフィールドから値を取得します。
  3. ターミナル エミュレータ関連のすべてのタスクを自動化したら、[接続解除] アクション を使用してホスト マシンとの接続を終了します。

[ターミナル エミュレータ] パッケージの アクション

[ターミナル エミュレータ] パッケージには、以下の アクション が含まれています。

アクション 説明