Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

タスク Bot ロジック間でのセッションの共有

  • 更新済み: 2020/11/03
    • Automation 360 v.x
    • 11.3.x
    • 概要
    • ビルド
    • RPA Workspace
    • Enterprise

タスク Bot ロジック間でのセッションの共有

ターミナル エミュレータ パッケージ の [共有されたセッション] オプションを使用して、同時に発生している タスク Bot ロジックとの間でアプリケーションの正確な状態を受け渡しします。

共有セッションを使用すると、同じアプリケーションへの接続など、同時に実行される タスク Bot 間で アクション を再利用できます。

共有セッションを使用するには、[共有セッション] オプションで接続されている タスク Bot ロジックの階層を作成します。これにより、巨大な タスク Bot ロジックから、接続および切断のためのコマンドの繰り返しを削減できます。

手順

  1. ターミナル エミュレータ 上のアプリケーションに接続する TE_Share_Main などの親 Bot を作成します。
  2. TE_Share_Main の [セッション変数を設定] アクション を使用して、ターミナル エミュレータのセッション タイプの $te_session$ などの変数に現在のセッションを割り当てます。
  3. [テキストを取得] および [フィールドを設定] といった任意の アクション を実行するために、TE_BMIS などの子 Bot を作成します。
  4. TE_Share_Main に タスクを実行 アクション を追加し、TE_BMIS を呼び出します。
  5. TE_Share_Main から TE_BMIS にセッション変数を渡すには、[セッション変数の設定] で入力値として $te_session$ を選択します。
  6. TE_BMIS で、[共有されたセッション] タブを使用し、セッション変数として $te_session$ を挿入して、データを取得するかタスクを実行します。
  7. メイン タスクで、アクション を追加してアプリケーションから切断します。
フィードバックを送る