Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

インストール後の設定を構成

  • 更新済み: 2020/11/12
    • Automation 360 v.x
    • 調査
    • RPA Workspace

インストール後の設定を構成

Control Room のインストールを終了した後で、タイムリーな Automation Anywhere コミュニケーションを実現するために特定の項目を設定します。

インストール後のタスクと設定

アンチウイルスを除外
ウイルス防止スキャンは Bot の実行を妨害するので、Automation Anywhere ローカル リポジトリでは実行しないでください。
言語ロケールを設定
言語を地域設定として選択します。

次の例は、英語 (米国) を地域設定として使用しています。

  • Windows: コントロールパネル > 地域 > 管理 > システム ロケールの変更 の順に選択します。
    ASCII 文字以外の文字を含むユーザー名については、次の設定を更新します。
    1. コントロールパネル > 時計および地域 > 管理 > システム ロケールの変更 の順に選択して、[現在のシステム ロケール] リストから必要な言語を選択します。
    2. 使用可能な場合は、[ベータ版: 全世界の言語サポートに Unicode UTF-8を使用] チェック ボックスをオフにします。
    3. コード ページの識別子を変更するには、コマンド プロンプトに chcp <identifier-code> と入力します。たとえば、ANSI/OEM 韓国語 (統合ハングル コード) を使用するには、chcp 949 と入力します。

      Code Page Identifiers

    4. マシンを再起動します。
  • Linux
    1. 現在のロケールを確認します。

      $ locale

    2. サーバー上で使用可能なすべてのロケールのリストを表示します。

      $ locale -a

    3. オペレーティング システムに応じて、これらのオプションの 1 つを使用して、LANG 変数を持つサーバー全体のロケールを設定します。

      en_US.UTF-8 という言語を該当する言語に置き換えます。

      Ubuntu: sudo update-locale LANG=en_US.UTF-8 LANGUAGE

      Red Hat Enterprise Linux: sudo localectl set-locale LANG=en_US.UTF-8

    4. グローバル ロケール設定ファイルである etc/locale.conf を更新するか、Automation 360 を所有するユーザーの場合は /~/.bash_profile の設定を更新します。

      LANG="en_US.utf8"

      export LANG

地域を設定
言語を地域形式として選択します。
Windows: コントロールパネル > 地域 > 形式 の順に選択します。
時刻同期を設定
Control Room でネットワーク タイム プロトコル (NTP) を有効にします。

NTP 設定に関する詳細は、システム管理者にお問い合わせください。

Microsoft Azure プラットフォーム インストールの構成設定
Microsoft Azure ポータルを使用して構成:
  • Windows 資格情報
  • リポジトリ用の Control Room 設定、URL、Credential Vault 用のマスター キー
  • Microsoft Active Directory 認証
  • 必要に応じて SMTP の設定を構成します。
フィードバックを送る