Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[Office 365 カレンダー] パッケージ

  • 更新済み: 2021/10/19
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

[Office 365 カレンダー] パッケージ

[Office 365 カレンダー] パッケージ には、Office 365 カレンダーの会議関連タスクを自動化できる アクション が含まれています。

開始前

利用可能な アクション セットを使用する手順の一環として、[Office 365 カレンダー] パッケージ の以下の アクション を実行します。

  1. [接続] アクション を使用して、Office 365 サーバーとの接続を確立します。
    [接続] アクション を使用する」を参照してください。
    注: Office 365 パッケージ は現在、多要素認証またはシングル サインオンをサポートしていません。
  2. タスクを自動化するには、この パッケージ で使用可能な アクション の組み合わせを使用します。
    注: 他の Office 365 パッケージの アクション を使用するには、その パッケージ の [接続] アクション を使用して接続を確立します。
  3. 接続を終了するには、[接続解除] アクション を使用します。

[Office 365 カレンダー] パッケージアクション

[Office 365 カレンダー] パッケージ には、以下の アクション が含まれています。
注: カレンダー内の各会議に アクション を適用するには、複数の アクション を [ループ] アクション 内で使用する必要があります。「ループでの [Office 365 カレンダー] アクションの使用」を参照してください。
アクション 説明
添付ファイルを追加 1 つまたは複数の添付ファイルを会議に追加します。この アクション を [ループ] アクション 内で使用して、カレンダー内の各会議に対して操作を繰り返します。「ループ パッケージ」を参照してください。
  • [接続] アクション で使用したセッション名を入力します。
  • 添付するファイルを Control Room またはデスクトップから選択するか、ファイル変数を挿入します。各ファイル パスはコンマで区切ります。
出席者を追加 会議に 1 人または複数の出席者を追加し、出席が任意か必須かを指定します。実行時に、この アクション によって会議参加者への E メール通知がトリガーされます。この アクション を [ループ] アクション 内で使用して、カレンダー内の各会議に対して操作を繰り返します。「ループ パッケージ」を参照してください。
  • [接続] アクション で使用したセッション名を入力します。
  • [必須] または [