Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ビジネス アナリティクス用タスクの構成

  • 更新済み: 2021/08/19
    • Automation 360 v.x
    • 最適化
    • RPA Workspace

ビジネス アナリティクス用タスクの構成

ビジネス アナリティクス オートメーション タスクを構成するには、アナリティクス ([分析: 開く] および [分析: 閉じる] アクションを使用) を有効にして、データ分析の対象となる変数にタグ付けを行います。

既存の Bot でビジネス アナリティクス用タスクを構成するには、次の手順に従います。

手順

  1. Control Room にログインします。
    注: Bot Creator ライセンスが割り当てられていることを確認します。
  2. [タスク] ウィンドウで、アナリティクスを有効にするタスクが含まれるフォルダーを選択します。
    [アクション] パレットが左側に表示されます。「Bot 作成用の アクション パレット」を参照してください。
  3. Bot をビルドします。
    Bot のビルドと編集に関する詳細については、「Bot のビルドを始める」を参照してください。
  4. [分析: 開く] アクションを、トランザクションの最初に挿入します。
  5. [分析: 閉じる] アクションをトランザクションの最後に挿入します。
    [分析: 閉じる] メニューには、トランザクションのすべての変数が表示されます。トランザクションでタグ付けされている変数を選択して、ビジネス アナリティクスを処理します。
    注: この機能を使用すると、社会保障番号や銀行口座の詳細など、潜在的なプライバシーの問題を引き起こす可能性のある変数を選択解除できます。
  6. [適用] をクリックします。
    [リセット] をクリックして、変数の選択をリセットします。
  7. [保存] をクリックします。
  8. [実行]をクリックします。
    [Bot が正常に実行されました] というメッセージが表示されます。
    画像には、[TaskBot を編集] ダイアログ ボックスと、アナリティクスのために変数にタグを付けるオプションが表示されます。
  9. [分析] をクリックします。
    Bot Insight ウィンドウが表示されます。
  10. [ダッシュボードを選択] ドロップダウン リストから Bot を選択します。
    矢印をクリックして、Bot のリストを表示します。
フィードバックを送る