Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation 360 v.24 Community Edition リリース ノート

  • 更新済み: 2022/03/22
    • Automation 360 v.x
    • 調査
    • RPA Workspace
    • リリース ノート

Automation 360 v.24 Community Edition リリース ノート

リリース日: 2022 年 3 月 22 日

Automation 360 v.24 (Build 12342) リリースの Community Edition で最新情報をご確認ください。

RPA Workspace

Bot agent update: このリリースには、オプションの Bot agent の更新が含まれています。v.24 の新機能 (Bot の移行、Browser、DLL、プロセスディスカバリー、Recorder packages への更新を含む) を使用するには、このリリースで使用可能な Bot agent を更新してください。既存の bots を既存の Bot agent で実行する場合は、Bot agent を以前のリリースから更新する必要はありません。
このリリースへの更新の詳細については、以下のリソースを参照してください。
最新情報
Microsoft Edge Chromium の活用

次の目的で Microsoft Edge Chromium ブラウザ拡張機能を使用できるようになりました。

  • Bot agent プロキシ設定
  • デバイスの資格情報の自動入力

RPA Workspace のブラウザ要件

ターンアラウンド タイムの短縮

Bot Runner デバイスからログ ファイルをキャプチャすることで、問題に関する情報収集にかかる時間を短縮することができるようになりました。ログ ファイルを保存するには、Bot agent 診断ユーティリティで新しいコマンド -collectlogs を使用します。

Bot agent 診断チェックの実行

AISense Recorder の機能強化

AISense Recorder を使用して、日本語インターフェースおよび日本語と英語のインターフェースの組み合わせを使用するアプリケーションを自動化できるようになりました。

リモート アプリケーションからタスクを記録する AISense

bot 間でのメタデータのコピーのサポート

[共有クリップボードにコピー] オプションを使用して、bot 間で画像ファイルやメタデータ ファイルをコピーできるようになりました。

SOAP Web Service および REST Web Service packages の待機時間オプション (Service Cloud ケース ID: 00756730、00792793、01255869、01753287)

bot の作成時に、REST リクエストと SOAP リクエストで actions のタイムアウト値を設定できるようになりました。bot がタイムアウトになるまでに、サーバーからのレスポンスを待機する時間を指定するには、[アクションの完了を待機] フィールドに待機時間 (ミリ秒単位) を設定できます。数値または変数を入力するか、グローバル値を指定することができます。

Email package で新しい HTLM エディターを使用したテキストの書式設定

Email package で [送信]、[返信]、および [転送] actions を使用するときに、新しい HTML デザイン エディターで E メールのレイアウトや本文を作成およびカスタマイズできるようになりました。エディターのツールバーを使用して、テキストにさまざまな変更 (太字や斜体などの書式効果の適用、リンクの挿入、フォントやサイズの変更など) を加えることができます。デザイン エディターからコンテンツをコピーして、他のウィンドウに貼り付けることができます。

Task Bot package での子 bot への Window 変数の受け渡しのサポート (Service Cloud ケース ID: 00691890、00804359、01258948、01764292)

Task Bot package の [実行] action で、[入力値] フィールドを選択して子 bot に渡す値または変数を入力するときに、Window 型の変数を選択して、親 bot から子 bot にこの変数を渡すことができるようになりました。

REST Web Service package のコンテンツ タイプ フィールドの新しいオプション (Service Cloud ケース ID: 00666852、00789910、00771194、00785116、00825945、01762199)

REST Web Service でファイルとデータをアップロードするときに、multipart/form-data オプションを使用できるようになりました。multipart/form-data は、ファイル、非 ASCII データ、バイナリ データを含むフォーム要素を送信するときに使用できるコンテンツ タイプです。このオプションは、POSTPUTPATCH などの actions に使用できます。

SOAP Web Service package のカスタム区切り文字オプション

XPath 固有のレスポンスの場合、カスタム区切り文字オプションを使用して、SOAP レスポンスの戻りコンテンツを区切ることができます。[カスタム区切り文字] フィールドに 1 つの文字または変数を指定できます。区切られたレスポンスの出力は完全な文字列になります。

DLL package の [関数を実行] action の新しいオプション (Service Cloud ケース ID: 00830568、01063654、01259336、01767965)

DLL package の [関数を実行] action で、C# DLL が Windows API と連携してシステム関連操作 (キーボード操作、マウス クリック、ウィンドウ切り替えなど) を実行するときに、中間ウィンドウ (AAZeroSizeForm) が表示されることがあり、bot の実行時にユーザーの操作が中断されることがあります。場合によっては、オペレーティング システム UI で DLL 関数を介してキーボード操作、マウス クリック、ウィンドウ切り替えなどの actions を実行するために DLL 関数が Windows API と連携しないことがあります。このような場合に、[バックグラウンドで関数を実行する] チェックボックスをオンにして中間ウィンドウ (AAZeroSizeForm) をバイパスし、フォームのないコンソール アプリケーションで C# DLL を実行できます。またこの機能により、[バックグラウンドで関数を実行する] チェックボックスがオンの場合に DLL 実行のパフォーマンスが向上します。

Bot editor での自動スクロールのサポート (Service Cloud ケース ID: 00730747)

大量のコード行の bots を作成または編集する場合に、ページで actions を上下にドラッグすると、ページが自動的に上下にスクロールするようになりました。この機能はフロー ビューとリスト ビューの両方でサポートされています。

新しい JSON package

JSON package を使用して JSON データを自動化できます。JSON テキストやファイルから必要な情報を抽出し、その値を直接 bot で使用できるようになりました。

Json package

Error handler package のキャッチ action の新しいオプション (Service Cloud ケース ID: 00766117)
Error handler package では、[キャッチ] > [エラー発生時に次のアクションを続行] オプションを使用して、[キャッチ] ブロック内の actions からのエラーを無視できるようになりました。[エラー発生時に次のアクションを続行] チェックボックスをオンにすると、[キャッチ] ブロック内 action からエラーがある場合でも、例外はスローされず bot はエラーを無視し、次のアクションを続行します。
注: この機能強化は、[キャッチ] ブロック内でネストしているすべての actions に適用されます。たとえば、メインの [キャッチ] action の内部に [試行/キャッチ] action があり、メインの [キャッチ] action でこのチェックボックスがオンの場合、ネストされたブロック内の actions からのエラーはすべて無視されます。
文字列 package の強化

文字列 package の [テキストを抽出] action で、[以降] または [以前および/または以降] オプションを使用するときに、ファイル内で 1 ~ 999,999 回の範囲で出現する従属文字列を、指定した元の文字列から抽出できるようになりました。

特定の日付でのファイルの検索

特定の日付に作成または変更されたファイルを検索できるようになりました。このためには、各種 packages の [ファイルの日付] 条件で使用できる新しい [日付] オプションを使用します。

この機能は、以下の packagesactions で使用できます。
  • ファイル package
    • [デスクトップ ファイルをコピー] action
    • [削除] action
    • [印刷] action
    • [複数のファイルを印刷] action
    • [名前を変更] action
  • [フォルダー] package
    • [コピー] action
    • [削除] action
    • [名前を変更] action
  • [If > ファイルの日付] 条件
  • [Loop > While > ファイルの日付] 条件
Excel advanced packageの新しいaction

Microsoft Excel ワークシートで actions を実行するときに、Excel advanced package の新しい [リアルタイムでの画面更新を無効または有効にする] action を使用して、リアルタイムでの画面更新を無効または有効にできるようになりました。この action は、大規模なデータセットを扱う際に、実行時の Excel ベースのオートメーションのパフォーマンスを向上する上で有用です。