Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

JavaScript を使用してユーザー入力を取得する Bot をビルドする

  • 更新済み: 2021/08/11
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

JavaScript を使用してユーザー入力を取得する Bot をビルドする

JavaScript アクション Automation 360 を使用して、Bot をビルドする JavaScript 関数を実行します。これらの アクション を使用して、ユーザー入力を取得し、適切な出力を提供する Bot を作成します。

前提条件

Bot をビルドするには、以下があることを確認します。

  • JavaScript プログラミング言語の基本的な知識。
  • Automation Anywhere Bot の作成に関する基本的な経験。

手順

  1. Control Room にログインします。
  2. 左側のペインで [オートメーション] をクリックします。
    使用可能な Bot とフォームのリストが表示されます。
  3. [Bot を作成] をクリックします。
  4. [名前] フィールドに、「Hello User」と入力します。
  5. [作成と編集] をクリックします。
  6. [アクション] ウィンドウで [変数] をクリックして、次の新しい変数を作成します。
    1. 名前: lInputList[タイプ] > [リスト] および [サブタイプ] > [文字列]
    2. 名前: sInputName[タイプ] > [文字列]
    3. 名前: sOutput[タイプ] > [文字列]
  7. [アクション] ウィンドウで、[プロンプト] > [値の場合]] の順にクリックします。
    1. [ウィンドウ キャプションを表示] フィールドに、「Enter your name here」と入力します。
    2. [メッセージを表示] フィールドに、「Please enter your name here」と入力します。
    3. [変数に出力を代入] ドロップダウン リストで、[sInputName - 文字列] を選択します。
  8. [アクション] ウィンドウで、[リスト] > [項目を追加] の順にクリックします。
    1. [リスト変数] ドロップダウン リストで、[lInputList - リスト] を選択します。
    2. [追加する項目] ドロップダウン リストで、[sInputName - 文字列] を選択します。
    3. [項目を追加] フィールドで、[リストの末尾まで] を選択します。
  9. 新しい JavaScript ファイルを作成します。
    1. メモ帳を開き、次のコードをコピーして貼り付けます。
      function response(str){
      return "Hello "+ str
      } 
    2. ファイルを「Salutation.js」という名前でデスクトップに保存し、[タイプとして保存:] では [すべてのファイル] を選択します。
  10. [アクション] ウィンドウで、[JavaScript] > [開く] の順にクリックします。
    1. [JavaScript セッション] フィールドは、[デフォルト] のままにします。
    2. [JavaScript] > [既存のファイルをインポート] の [JavaScript ファイル] フィールドで、[デスクトップ ファイル] を選択します。
    3. [参照] をクリックし、デスクトップまたはファイルの保存先から Salutation.js ファイルを選択します。
    4. [変数に出力を代入] ドロップダウン リストで、[sOutput - 文字列] を選択します。
  11. [アクション] ウィンドウで、[JavaScript] > [JavaScript を実行] の順にクリックします。
    1. [実行する関数の名前を入力します] フィールドに、「response」と入力します。
    2. [パラメーター] ドロップダウン リストで、[lInputList - リスト] を選択します。
  12. [アクション] ウィンドウで、[メッセージ ボックス] をクリックします。
    1. [表示するメッセージを入力] フィールドに、「$sOutput$」 と入力します。
  13. [保存] をクリックして Bot を保存し、[実行] をクリックします。
  14. Bot から名前の入力を求められたら、名前を入力して [OK] をクリックします。
    Bot から「Hello <ユーザー名>」というメッセージが表示されます。
フィードバックを送る