Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Designer の検証パターン

  • 更新済み: 2021/04/20

    Designer の検証パターン

    IQ Bot Designer では、あらかじめ定義されている一連のパラメーターに基づいてフィールドおよびテーブル列を検証できます。データのデジタル化プロセス中に一致しないものが検出された場合は、警告が表示されます。

    フィールドまたはテーブルを検証

    以下の検証オプションは、事前に定義されたパラメーターでフィールドやテーブル列を検証します。

    • Start With / End With
    • パターン
    • リスト
    • 公式

    IQ Bot は、簡単に識別可能な類似したコンテンツ、構造、レイアウトに基づき、ドキュメントをグループに分類します。またトレーニング用のサンプルドキュメントも、これらの基準に基づき選択されます。ラーニングインスタンスをトレーニングするために Designer を起動すると、IQ Bot はドキュメント ウィンドウ内に分類された各グループからサンプル ドキュメントをロードして表示します。

    ヒント: ドキュメントのトレーニング中、Designer でフィールドとテーブル列を定義して検証パラメーターを設定します。
    フィードバックを送る