Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Control Room ログ ファイル

  • 更新済み: 2020/06/04
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace

Control Room ログ ファイル

Control Room に関する各種情報は、さまざまなログ ファイルにキャプチャされます。これらのログ ファイルは、Control Room または Bot でエラーが発生したときに分析して、そのエラーの根本原因を特定することができます。

概要

ログ ファイルには、Control Room のさまざまなコンポーネント (Bot Store、デバイス、ライセンスなど) で発生したエラーに関する情報がキャプチャされます。ログ ファイル内の情報を使用して、エラーの根本原因を特定し、そのエラーを解決できます。

ログ ファイルの場所

Control Room ログ ファイルは、Control Room をインストールしたマシンの C:\ProgramData\AutomationAnywhere\Logs にあります。ログファイルは WebCR_<COMPONENT-NAME> という名前で、たとえば、WebCR_BotStoreWebCR_DevicesWebCR_License のようになります。

Control Room については、次のログ ファイルを参照できます。

WebCR.log
Control Room およびメッセージの初期化に関連するログ エントリが含まれます (該当する場合)。
WebCR_UserManagement.log
ユーザー管理モジュールに関連するログ エントリが含まれます。
WebCR_Ignite.log
Apache Ignite またはキャッシング システムに関連するログ エントリが含まれます。
WebCR_ServerRepository.log
サーバー リポジトリ関連機能のログ エントリが含まれます。
WebCR_CredentialVault.log
資格情報 Vault に関連する関数呼び出しのログ エントリが含まれます。
WebCR_Hibernate.log
Hibernate システム、ORM マッピングおよびクエリー システム、ActiveMQ メッセージング サブシステムなどに関連するログ エントリが含まれます。

ログ ファイルは Bot Runner マシン (Bot エージェント インストール済み) の C:\ProgramData\AutomationAnywhere\BotRunner\Logs にあります。Bot Runner マシンについては、次のログ ファイルを参照できます。

NodeManager.log
Bot エージェント とのインタラクションのログ エントリの詳細、および Bot エージェント に送信されたすべてのメッセージのログ エントリが含まれます。
BotLauncher.log
このマシンにデプロイされた Bot のログ エントリの詳細が含まれます。
TriggerListener.log
トリガーを持つ Bot で発生したトリガー アクティビティのログ エントリの詳細が含まれます。

対応する構成 XML ファイルは、C:\Program Files\Automation Anywhere\Bot Agent\config にあります。

フィードバックを送る