Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[送信] アクション の使用

  • 更新済み: 2022/07/04
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

[送信] アクション の使用

E メールを送信するには、[送信] アクション を使用します。この アクション を使用すると、Microsoft Outlook またはメール サーバーから 1 人以上の受信者に E メールを送信したり、ファイルを添付して、E メールをテキスト形式または HTML 形式で送信したりできます。

[送信] アクション では、さまざまな形式の複数のファイルを E メールに添付できます。添付できるファイルのタイプやサイズに制限はありません。ただし、メールの送信に使用するメール サーバーの制限事項が適用されます。たとえば、送信する E メールに添付したファイルが、メール サーバーの制限に従っていない場合、タスクは失敗します。
注: E メール オートメーションの一環として送信される添付ファイルは、プロキシ サーバー、ファイアウォール、アンチウイルス、E メール サーバー、お客様環境などのレベルで設定されたポリシーやルールに従います。

Gmail や Yahoo アカウントから E メールを送信する場合は、そのアカウントが安全性の低いアプリにアクセスできるようにします。「E メール サーバーの設定」を参照してください。

手順

  1. アクション パレットで、E メール パッケージ の [送信] アクション をダブルクリックまたはドラッグします。
  2. [送信先アドレス] フィールドと、オプションの [Cc] および [Bcc] フィールドに受信者の E メール アドレスを入力します。
    注: [送信先アドレス]、[Cc]、[Bcc] の各フィールドでは大文字と小文字が区別されません。
  3. [件名] フィールドに E メールの件名を入力します。
  4. オプション: 複数のファイルをリストとして添付するか、ファイル オブジェクトのリスト値を保持する変数を作成するかを指定するために、[添付] から [リスト] または [変数] タブを選択します。
    注: Bot を作成するときに、添付ファイルのファイルパスに特殊文字として小なり記号 (<) が含まれている場合、Windows OS はこの特殊文字をサポートしていないため、Bot の実行後にこの特殊文字が削除されます。
    オプション説明
    リスト
    • 次の場所から添付ファイルを選択します。
      • Control Room ファイル: フォルダーで使用可能な添付フ