Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot のシステム要件

  • 更新済み: 2022/02/03
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • IQ Bot

IQ Bot のシステム要件

Automation 360 IQ Bot のオペレーティング システムとデータベースの互換性、データベース情報、ハードウェアおよびソフトウェアの要件を確認します。

Legal disclaimer: このワークフローで提供される情報は、お使いの製品によって異なる場合があります。管理上の指示は Automation 360 IQ BotCommunity Edition に適用されない場合があります。
注: 以前のバージョン (11x または 6x) の IQ Bot から Automation 360 IQ Bot に移行する場合、必ず Microsoft Windows Server オペレーティング システムを、以下の表に示すバージョンのいずれかに更新してください。

下表に、Automation 360 IQ Bot オンプレミス とオペレーティング システムおよびデータベースとの互換性を示します。

オペレーティング システム サポートされるプラットフォーム データベース タイプ データベース バージョン データベース エディション
Microsoft Windows Server:
  • 2019 Data Center
  • 2016 Data Center
  • 2016 R2 Standard
  • 2019 R2 Standard
  • Microsoft Azure Virtual Machines

  • Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)
  • Google Cloud Platform
  • Microsoft SQL Azure (RTM)

  • Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)

  • Microsoft SQL Server
  • 2019
  • 2017
  • 2016
  • 2014
  • 2012
  • エクスプレス
  • 標準
  • Enterprise

下表にデータベースに必要な情報を示します。

Microsoft SQL Server および Amazon RDS データベース
必要な情報 説明
データベース (SQL サーバー) 認証 データベースへの接続が許可された Microsoft SQL Server ユーザーの資格情報を入力します。
データベース名 IQ Bot