Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

イベント トリガーの追加

  • 更新済み: 2021/12/22
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace

イベント トリガーの追加

トリガー付きの Bot をユーザーまたはロールに関連付けてイベント トリガーを有効にすることができます。[イベント トリガーを管理] 権限を持つ Control Room ユーザー (またはロール) は、イベント トリガーを追加することができます。

ユーザーが作成する Bot は、[非公開] タブにすべて表示されます。ユーザーが公開フォルダーに Bot をチェックインすると、[公開] タブに表示されます。

[イベント トリガーを管理] 権限を持つユーザーが Bot にトリガーを追加し、ただし、公開フォルダーにこの Bot をチェックインしない場合、非公開イベント トリガーが作成されます。非公開イベント トリガーは、[マネージ] > [イベント トリガー] ページに一覧表示されます。ただし、ユーザーが関連する Bot を公開フォルダーにチェックインすると、[公開フォルダー] ページに表示されなくなります。

手順

  1. 左側のペインで [オートメーション] をクリックします。
  2. [Bot を実行] をクリックします。
  3. [イベント トリガーで実行] をクリックします。
  4. Bot を選択します。
    • 最新バージョン: Bot の最新バージョンを選択するには、[最新バージョン] タブをクリックします。
    • ラベル付きバージョン: Bot のラベル付きバージョンを選択するには、[プロダクト バージョン] タブをクリックします。
    Bot に本番環境ラベルのオプションを選択した場合、本番環境ラベル付きの対応する依存関係にある Bot も自動的に選択されます。依存関係にある Bot に本番環境ラベルが適用されていないものがある場合、Bot の最新バージョンが選択されます。
  5. 右矢印 ([]) をクリックして、選択を追加します。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. 以下のいずれかを選択し、Bot をリンクします。
    オプション説明
    ロール 作成したカスタム ロールを選択します。
    ユーザー このカスタム ロールに関連付けられている Bot Runner (Attended または Unattended) ユーザーを選択します。
  8. 右矢印 ([]) をクリックして、選択を追加します。
  9. [次へ] をクリックします。
  10. [イベント トリガーで実行] をクリックします。
選択した Bot が [アクティビティ] の下にある [イベント トリガー] ページに追加されます。
フィードバックを送る