Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

資格情報 Vault 暗号化

  • 更新済み: 2021/10/09
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace

資格情報 Vault 暗号化

この Automation 360 プラットフォームでは、組み込み型 資格情報 Vault を提供し、静止状態や転送中のデータだけでなく、個々のシステムで使用中のデータも保護するための広範なセーフガード セットを提供します。

暗号化キーと Vault

Automation 360 のインストール プロセス中には、システムは RSA 2048 ビットのパブリック/プライベート キーのペアと AES 256 ビットのキーを生成します。RSA 2048 ペアのプライベート キーはマスター キーと呼ばれ、AES 256 キーはデータ キーと呼ばれます。マスター キーは、システム外部の安全なロケーションで保護するようにインストール管理者に提示されます。パブリック キーは、データ キーの暗号化に使用されます。その後、パブリック キーと暗号化されたデータ キーの両方がデータベースに保存されます。使用時には、すべてのキーと暗号化されたデータは、Microsoft データ保護 API (DPAPI) を使用して暗号化されたセキュア メモリに配置されます。

Automation Anywhere Control Room の起動時または再起動時には、管理者はマスター キーを提供するよう促されます。暗号化されたデータ キーをデータベースから取り出し、マスター キーを使用して復号化します。これでデータ キーは使用可能になりました。システムが資格情報 Vault からデータを格納および取得する際、データ キーはそのデータの暗号化および復号化に使用されます。

Vault は、システムが管理しているすべての資格情報および重要なシステム構成データを保存するために使用されます。また、組織のオートメーションで使用されるその他の機密データの保存にも使用することができます。その結果、Bot ビルダーは、資格情報やその他の機密データ/引数を直接オートメーション内でハードコーディングするような安全でない方法を避けることができます。

厳重に管理された環境では、多層認証ときめ細かなアクセス制御が不可欠です。エンドツーエンドのデータ保護も同様で、ビジネスに不可欠なプロセス、機密データ、関連する資格情報の機密性と完全性を維持するために必要です。

マスター キー
この RSA-2048 ビット キーは、システムの外部の管理者によって管理されます。このキーは 資格情報 Vault のロックを解除します。管理者は、Control Room が起動するたびにマスター キーを入力します。Vault が開くと、マスター キーは直ちにメモリから消去され、Automation Anywhere 製品内のどこにも保存されません。
データ暗号化キー
この AES-256 ビット キーは、Control Room データベースに格納され、ストレージまたはプロビジョニング時に資格情報を暗号化および復号化するために使用されます。このキーは、マスター キーを使用して暗号化されます。データ暗号化キーは、常に 資格情報 Vault を離れません。資格情報の暗号化と復号化は、資格情報 Vault で行われます。

静止データの保護

資格情報 Vault では、Bot が使用するローカルな資格情報やランタイム データの暗号化に加え、機密性の高い構成パラメーターや、統合されたバージョン管理および電子メールサービスに関連する詳細情報を安全に保管することができます。

フィードバックを送る