Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

RabbitMQ および Erlang/OTP のアップグレード

  • 更新済み: 8/03/2021
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • IQ Bot

RabbitMQ および Erlang/OTP のアップグレード

IQ Bot のインストール パッケージには、RabbitMQ バージョン 3.7.17 と Erlang/OTP バージョン 22.0 が含まれています。

Automation 360 IQ Bot については、必ず、Microsoft Visual C++ Redistributable 2017 x64 バージョンをダウンロードします。最新バージョンの Erlang/OTP に必要です。

以下の情報は、RabbitMQ/Erlang/OTP のアップグレードに関連したさまざまなシナリオについて説明したものです。
  • IQ Bot の新規インストール

    新規インストールの場合、追加のステップを実行する必要はありません。これは、IQ Bot インストール パッケージには RabbitMQ Erlang/OTP が含まれているためです。これらは、インストール プロセス中に自動的にマシンにインストールされます。

  • 以前のバージョンの IQ Bot からのアップグレード
    旧バージョンのRabbitMQ / Erlang/OTP をアンインストールします。
    1. 既存の RabbitMQ および Erlang/OTP をコントロール パネルからアンインストールします。
    2. 管理者として Cleanup_Components.bat ファイルを実行します。
    3. マシンを再起動します。
    4. スクリプトを実行した後、RabbitMQErlang/OTP が完全に削除されていることを確認します。削除されていない場合、手動でアンインストールして、プログラムファイル フォルダーから残りのファイルを削除し、ステップ 3 を繰り返します。
  • 以前のバージョンの RabbitMQ/Erlang/OTP がマシン上にある場合の最新バージョンへのアップグレード

    Automation Anywhere のバッチ ユーティリティ ファイルを使用して、旧バージョンを手動でシステムから削除する必要があります。Automation Anywhere サポート チームに連絡してこのユーティリティを取得します。次に、IQ Bot のインストールに進みます。

フィードバックを送る