Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot をスケジュール設定

  • 更新済み: 2022/09/16
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace

Bot をスケジュール設定

特定の時間に実行されるように Bot をスケジュール設定します。

前提条件

Control Room に管理者または次の権限を持つユーザーとしてログインしていることを確認します。
  • マイ Bot の実行をスケジュール
  • 特定の Bot とその依存関係に対するフォルダー レベルでの [スケジュール設定] 権限
  • スケジュールに追加できるユーザーとして実行 (Bot Runner) するためのアクセス権限

Bot はスケジュールで指定された時刻に実行されます。Bot Runner デバイスが切断されたとき、スケジュール設定された Bot がトリガーされた場合、Bot のデプロイがキューに追加されます。スケジュール設定された Bot は、Bot Runner デバイスの再接続後に処理されます。

注: オートメーションは、次の場合うまくいきません。
  • Bot の依存関係のいずれかが欠けている場合。
  • 実行ユーザーに依存関係に対するフォルダー権限がない場合。
  • 実行ユーザーにスケジュール設定の権限がない場合。

手順

  1. [マネージ] > [スケジュール設定済み] の順に移動します。
  2. [Bot を実行] をクリックします。
  3. [Bot をスケジュール設定] をクリックします。
  4. Bot のスケジュール設定の詳細を追加します。
    注: [開始日] の値は、常に現在の日付以降になります。開始日が現在の日付である場合、スケジュール設定する時刻を現在の時刻よりも前にすることはできません。
    オプション定義
    [繰り返しなし] Bot を指定した時刻に実行するには、次のように入力します。
    [開始日]
    デフォルト値は現在の日です。
    [開始時刻]
    デフォルト値は、次の 30 分に切り上げられます。
    [タイム ゾーン]
    ユーザーのシステムのタイム ゾーン
    [繰り返し実行] Bot をスケジュール設定して、特定日の特定時刻に実行するには、次のように入力します。
    [開始日]
    デフォルト値は現在の日です。
    [終了日]
    フィールドのデフォルト値は空白です。
    [開始時刻]
    デフォルト値は、次の 30 分に切り上げられます。
    [タイム ゾーン]
    ユーザーのシステムのタイム ゾーン
    注:

    サマータイムが有効なとき、および 開始日 がスケジュールで設定されている場合は 開始日 は、ユーザーの現在のタイムゾーンではなく、そのタイムゾーンに属するタイムゾーンで表示されます。しかし 次回の発生 は、サマータイムに準じたタイムゾーン(ユーザーのシステムタイムゾーン)で表示されます。

    例えば、GMT時間帯の3月15日に作成されたスケジュールでは、以下のようになります。 開始日 はGMTタイムゾーンに属するMar-15thと表示されます。その後、サマータイムがONになり、BSTタイムゾーンの8月にこのスケジュールを編集または表示すると、次の発生はBSTタイムゾーンに属する現在の8月の月日として表示されます。

  5. [失敗したスケジュールの設定] セクションで、[スケジュールをもう一度再デプロイ] を選択すると、Control Room のシャットダウンのために実行されなかったスケジュールを再デプロイすることができます。
    が表示されたら スケジュールを再展開する オプションが選択されている場合、シャットダウンのために見逃されたスケジュールは Control Room が再起動した後、自動的に再展開されます。 Control Room が再起動された後、自動的に再展開されます。監査ログ エントリもイベント タイプを表示する Schedule misfired として追加されます。
    event-type-schedule-misfired
  6. Bot を選択してスケジュールを設定します。
    • 最新バージョン: Bot の最新バージョンを選択するには、[最新バージョン] タブをクリックします。
    • ラベル付きバージョン: Bot のラベル付きバージョンを選択するには、[プロダクト バージョン] タブをクリックします。
    使用可能な Bot は、[入力値] と依存関係とともに表示されます。親 Bot に本番環境ラベルのオプションを選択した場合、本番環境ラベル付きの対応する依存関係にある Bot も自動的に選択されます。依存関係にある Bot