Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Internet Explorer Bot の変換の詳細の表示

  • 更新済み: 2022/05/17
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • Enterprise

Internet Explorer Bot の変換の詳細の表示

Bot の更新アクションごとに、全体的な概要と、Internet Explorer から IE モードが搭載された Microsoft Edge に変換される Bot の個々の変換のステータスに関する詳細を表示することができます。

Bot の詳細の表示

  1. Control Room で、[管理] > [Bot を更新] に移動します。
  2. リストから Bot 変換のインスタンスを選択し、そのインスタンスのアクション メニューから [Bot の更新の詳細を表示] アクションをクリックします。

    [更新の詳細] ページが開き、インスタンスの名前と Bot の変換の全体的なステータスに関する詳細情報が表示されます (ページ上部)。詳細を参照するには、このページの各種タブ ([概要]、[設定]、[Bot Runner]、[結果]) に移動します。

概要詳細

[概要] タブでは、以下の詳細を確認できます。
  • 開始時刻: Bot の変換が開始した時刻を示します
  • 終了時刻: Bot の変換が完了した時刻を示します
  • 所要時間: Bot の変換が完了するまでの合計時間
  • 完了した項目: 完了ステータスで変換された項目の合計リスト
  • 失敗した項目: 変換に失敗した項目の合計リスト
  • スキップされた項目: 適切な理由に基づいて変換中にスキップされた項目の合計リスト
  • 表にリストされた、選択した Bot と依存関係の詳細

データは、デフォルトではファイル名順にリストされます。特定の Bot と依存関係をファイル名で検索できます。

設定

[設定] タブには、次のフィールドが表示されます。
  • 説明: Bot 更新ウィザード を実行する前に追加した説明がある場合はそれが表示されます
  • Internet Explorer を使用して Microsoft Edge Internet Explorer モードにビルドされた Bot を更新します。デフォルトでは、このフィールドは [はい] に設定されています

Bot Runner

このタブには、Bot の変換が完了した Bot Runner のリストが表示されます。

結果

このタブでは、個々の Bot の変換のステータスが表示されます。
  • ステータス: 個々の Bot の変換のステータス (完了、スキップ済み、失敗)
  • タイプ: Bot のタイプ (例: タスク Bot)
  • ファイル名: Bot の名前
  • フォルダー パス: Bot が公開ワークスペースに存在しているパス
  • Bot Runner: Bot の変換を実行するために使用される Bot Runner マシン
  • 理由: Bot の変換が失敗、スキップ、確認が必要で完了、またはアクションが必要ステータスで完了した理由

[Bot 更新レポート結果] タブ

このタブの個々の Bot ステータス エントリで [Bot の更新を表示] をクリックすると、Bot の次の理由とアクションの値が表示されます。
ステータス 理由 アクション
保留中 - -
完了 - -
スキップ済み Bot は、Internet Explorer をベースとするアクションを使用しないため更新されません -
確認が必要で完了 Bot でいくつかのアクションが更新されており、確認が必要です Bot 更新の問題の表示
アクションが必要で完了 Bot でいくつかのアクションが更新されており、アクションが必要です Bot 更新の問題の表示
失敗 Bot で、IE モードが搭載された Microsoft Edge への更新がサポートされていないいくつかのアクションが使用されています Bot 更新の問題の表示
Bot の更新の表示ページには、以下の列が表示されます。
  • ライン番号
  • アクション名
  • 推奨理由

ライン番号の理由列にリストされている情報を表示して、該当する Bot を開き、そのライン番号に移動して、ウィンドウに表示された情報に基づいて確認するか、必要に応じてアクションを実行します。

Bot の更新レポートのヘルプ テキスト

フィードバックを送る