Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot のインポート

  • 更新済み: 2022/02/28
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

Bot のインポート

1 つの Control Room からの依存関係がある Bot を別にインポートできます。ソース環境は Automation 360 Control RoomEnterprise 11または Enterprise 10 Control Room のインスタンスにすることができます。

前提条件

  • Bot をインポートするには、以下の権限が有効になっていることを確認してください。
    • Bot のインポート権限
    • 必要な場合は、フォルダーの作成権限
    • 公開ワークスペースへのチェックイン権限 (公開ワークスペースにインポートする場合)
  • Control Room のバージョンとエクスポート元とエクスポート先の Control Room のパッケージがエクスポートとインポートで同じであることを確認してください。
  • ユーザーは、Bot を非公開ワークスペースまたは公開ワークスペースのどちらにかにインポートする Bot Creator のライセンスを持っていなければなりません。

    ユーザーは、ライセンスに関係なく、必要な権限を持っている場合に Bot を公開ワークスペースにインポートできます。

  • Enterprise 11 BotAutomation 360 Control Room にインポートするには、次の追加要件を考慮してください。
    • Enterprise 11 Control Room インスタンスの BLM エクスポート API を使用して作成された、aapkg パッケージが必要です。
    • aapkg パッケージは、Enterprise 11 Bot をインポートするのと同じ Automation 360 マシンに存在する必要があります。
    • パスワードで保護された aapkg パッケージは、BLM インポート API のみを使用してインポートできます。

      API を使用してファイルをインポート

  • Bot をインポートする前に、ガイドラインを確認してください。

    Bot のエクスポートとインポートのガイドライン

  • Bot を 1 つの Control Room から別の Control Room にインポートするには、エクスポートされた zip ファイル (Enterprise 11または、Enterprise 10 Bot の場合は aapkg ファイル) を使用します。SMTP が設定されている場合、設定されている E メール アドレスに zip または aapkg ファイルをダウンロードするためのリンクが送信されます。SMTP が設定されていない場合は、[アクティビティ] > [履歴] ページに移動して、ダウンロード リンクにアクセスできます。

手順

  1. 左側のペインで [オートメーション] をクリックします。
    使用可能な Bot とフォームのリストが表示されます。
  2. [Bot をインポート] をクリックします。
  3. ソース環境に基づいて、必要な zip ファイルまたは aapkg ファイルを参照して選択します。
    ソース環境アクション
    Automation 360 Bot 必要な zip ファイルを選択します。
    Enterprise 11またはEnterprise 10 Bot 必要な aapkg ファイルを選択します。
  4. 次のソース環境に基づいて、非公開ワークスペースまたは公開ワークスペースを選択します。
    ソース環境アクション
    Automation 360 Bot

    必要に応じて、非公開または公開ワークスペースを選択できます。

    ソース Automation 360 環境に分析 Bot がある場合、すべての関連 Bot Insight ダッシュボードも次の選択に基づいてインポートされます。
    • 非公開ワークスペースを選択すると、デフォルトおよびカスタムのダッシュボードのみを表示できます。

      公開されたダッシュボードを表示するには、Bot を公開ワークスペースにチェックインする必要があります。

    • 公開ワークスペースを選択すると、公開されたダッシュボードのみを表示できます。

      デフォルトおよびカスタムのダッシュボードを表示するには、非公開ワークスペースに Bot をチェックアウトする必要があります。

    Enterprise 11または Enterprise 10 Bot 公開ワークスペースを選択します。

    この選択により、移行中に後で Enterprise 11または Enterprise 10 BotAutomation 360 環境に移行できます。

  5. オプション: Password の欄にパスワードを入力します。
    エクスポートした Bot またはファイルがパスワードで保護されている場合は、パスワードを入力するよう求められます。この Bot またはファイルをエクスポートしたユーザーからパスワードを取得します。
  6. パッケージからインポートされたファイルがすでに Control Room で利用可能な場合は、次のオプションを選択できます。
    • [Bot またはファイルをスキップする (インポートしない)]
    • [インポートした Bot またはファイルで上書きする]
  7. [Bot をインポート] オプションをクリックします。
  8. インポートが完了したら、ソース環境に基づいて、対応するリポジトリに移動し、インポートされた Bot を検索して使用します。
    ソース環境アクション
    Automation 360 Bot 対応するワークスペース (ステップ 4 で選択した内容に基づいて、非公開または公開) に移動します。
    Enterprise 11または Enterprise 10 Bot

    [Bots] > [My Tasks] フォルダーまたは [Bots] > [My Metabots] フォルダー内の公開ワークスペースに移動します。

    注: Enterprise 11Enterprise 10 Bot.atmx および .mbot 形式でインポートされます。移行ウィザードを使用して、Automation 360 でサポートされている .bot 形式に Enterprise 11Enterprise 10 Bot ファイルを変換します。

    Enterprise Bot への移行

フィードバックを送る