Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation 360 IQ Bot のインストールと更新

  • 更新済み: 2022/05/23
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • IQ Bot
    • プロセス フロー

Automation 360 IQ Bot のインストールと更新

Automation 360 IQ Bot オンプレミスおよびクラウドのインストールまたはセットアップ プロセスに関連するトピックを紹介します。

Automation 360 IQ Bot オンプレミス

ステップ 1: インストール前
Automation Anywhere サポート サイトに移動して、Automation 360 IQ Bot オンプレミス パッケージをダウンロード:

A-People Downloads page (Login required)

注: Automation 360 IQ Bot オンプレミス は、3 ノード クラスターを使用して高可用性 (HA) を確保します。

高可用性と災害復旧の概要

IQ Bot をインストールする前に要件とオプションを確認します。このトピックでは、サポートされているオペレーティング システムに関する重要な情報、ハードウェアとシステムの要件、インストール プロセスを開始する前に完了しておく必要のある前提条件ステップを示します。
IQ Bot のインストール要件
IQ Bot オンプレミス をインストールするために必要なハードウェア、ソフトウェア、および構成を検証します。
ステップ 2: IQ Bot をインストール
次のいずれかのインストール オプションを使用して IQ Bot をインストールします。
エクスプレス モードでの IQ Bot のインストール
デフォルト設定を使用して、エクスプレス モードで IQ Bot をインストールします。
カスタム モードで IQ Bot をインストール
カスタム モードを使用して、構成の詳細とともに IQ Bot をインストールします。
クラスター モードでの IQ Bot のインストール
スループットを向上させるには、クラスター モードで IQ Bot をインストールします。IQ Bot は最大 5 つの IQ Bot インストールのクラスタリングをサポートします。
Amazon EC2 にクラスター モードで IQ Bot をインストール
Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) にクラスターモードで IQ Bot をインストールします。
ステップ 3: インストール後
ダウンロードした IQ BotControl Room に登録して、必要に応じて構成を行います。また、チェックリストを使用して、サービス、データベース、テーブル、および構成がすべて設定されていることを確認します。
インストール後のチェックリスト
IQ Bot がインストールされているかどうかを確認し、ヘルスチェック API を使用して IQ Bot サービスが実行されていることを確認して、IQ BotControl Room に登録します。