Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

自分で作成した変数 (ユーザー定義)

  • 更新済み: 2021/10/28
    • Automation 360 v.x
    • 11.3.x
    • 調査
    • ビルド
    • RPA Workspace
    • Enterprise

自分で作成した変数 (ユーザー定義)

ユーザーおよび一部の アクション は、一時的に値を保持するためのユーザー定義変数を作成します。値をアクション (ウィンドウのタイトル、ログイン資格情報、またはファイル パス) に入力したり、アクション (ファイルまたは Boolean 戻り値から読み取った値) の出力を受け入れたりするには、このような変数を使用します。

自動タスクを作成する際に、いくつかの アクション は値を参照して使用する必要があり、これらの値は変数に格納することができます。変数は、オンライン データの取得から Microsoft Excel などのアプリケーション間でのデータ転送まで、さまざまな方法で利用できます。変数は、1 つまたは複数の値を保持できます。変数に含めることのできる値と、変数で実行できる操作は、そのデータ型によって決まります。

変数型

変数のデータ型は、変数に格納されている値が持つことができるデータの種類を決定する属性です。データ型には、整数、文字列、文字などの格納の分類があります。ディクショナリ、レコード、リスト、テーブルなどの変数は、複数のデータ型を格納することができます。

ほとんどの変数型には、類似した名前のパッケージがあります。このパッケージには、変数に格納されている値に操作を実行するために使用するアクション