Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[パスで画像をキャプチャ] アクション の使用

  • 更新済み: 2021/03/08
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

[パスで画像をキャプチャ] アクション の使用

[パスで画像をキャプチャ] アクション を使用して、デバイス上の画像または Control Room 内のフォルダーからテキストを抽出します。抽出されたテキストは、変数として割り当てることができます。

手順

[パスで画像をキャプチャ] アクション を使用するには、次の手順に従います。

  1. アクション パレットで、OCR パッケージ から [パスで画像をキャプチャ] アクション をダブルクリックするか、ドラッグします。
  2. [画像のパス] フィールドでオプションを選択します。
    • Control Room ファイル: Control Room にあるファイルを使用します。
    • デスクトップ ファイル: デバイスで使用可能なファイルを使用します。
    • 変数: ファイル変数を使用して、ファイルの場所を指定します。
  3. [キャプチャしたテキストをフィルタ] チェックボックスを選択して、キャプチャされたテキストをフィルタ処理します。
    フィルタするテキストを [以前] および [以降] フィールドで指定します。たとえば、抽出されたテキストが「名前: ABC Inc. 場所:」の場合、ABC Inc. を取得するには、[以前] フィールドに [場所:] を指定し、[以降] フィールドに [名前:] を指定する必要があります。
  4. 余分なスペースを削除するには、[キャプチャしたテキストをトリミング] チェックボックスを選択します。
  5. [プロフィールをロード] チェックボックスを選択してオプションを選択し、ABBYY プロフィールに基づいてロケールをロードします。
    注: ABBYY FineReader 12.2.27.12 は A2019 とともにインストールされ、追加のセットアップは必要ありません。
    • Control Room ファイル: Control Room にあるファイルを使用します。
    • デスクトップ ファイル: デバイスで使用可能なファイルを使用します。
    • 変数: ファイル変数を使用して、ファイルの場所を指定します。
  6. [ロケールを選択] リストで、デバイスの言語を選択します。
    注: 現時点では、英語と日本語のロケールのみがサポートされています。[ロケールを選択] リストからオプションを選択し、[プロフィールをロード] オプションを選択した場合、ロケールは [プロフィールをロード] の選択内容に基づいて決定されます。
  7. [値を変数に代入] リストで文字列変数を選択します。
  8. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る