Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

マルチユーザー デバイス向けの RDP ベースのデプロイの構成

  • 更新済み: 2022/08/24
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace

マルチユーザー デバイス向けの RDP ベースのデプロイの構成

RDP ベースのデプロイは、マルチユーザー デバイス向けに使用します。Control Room から Bot を Unattended Bot Runner にデプロイすると、Control Room は RDP を介して Unattended Bot Runner セッションを処理して Bot を実行します。

前提条件

Control Room に管理者としてログインしていることを確認します。

次の要件を満たしていることを確認してください。
  • Active Directory ドメイン サービスがセットアップされます (任意)
  • リモート デスクトップ サービス (RDS) がマシンにセットアップされ、複数の (RDS) Bot Runner セッションをホストできる状態になっている (必須)
  • Active Directory/ローカル ユーザーが作成されている (必須)
  • ユーザーは RDS にアクセスできます (必須)

デバイスを登録する際は、マルチユーザー デバイスとして登録できます。

手順

  1. [マネージ] > [デバイス] の順に移動します。
  2. デバイスの [アクション] アイコン () の上にカーソルを合わせます。
  3. [編集] アイコン () をクリックします。
  4. [デプロイメント] タブで、[デバイスの種類] を [複数ユーザー] に変更します。
  5. [同時セッションをサポート] フィールドの値を入力します。
    サポートする同時セッションの最大数は、デバイスのライセンス タイプとハードウェア構成によって異なります。たとえば、同時セッションが 10 に設定されていて、各 Bot の実行に 4 GB の RAM が必要であるとします。システム RAM がこの値より低い場合、Bot の実行が失敗することがあります。
    また、同時セッションの最大数が 10 で、マルチユーザー デバイスが 3 つの Bot Creator ユーザーと 2 つの Attended Bot Runner ユーザーのデフォルト デバイスとして設定されている場合、同時セッションをサポートの値は 5 になります。したがって、Unattended Bot Runner ユーザーが一度にデプロイできるのは 5 つの Bot だけです。ハードウェアとデバイス ライセンス タイプが、設定したセッション数をサポートしていることを確認してください。
  6. RDP 画面の解像度を設定します。
    これにより、画面の解像度が Bot RunnerControl Room の間で変動しても、RDP ベースのデプロイ中にオートメーションがシームレスに実行します。

    これは次のように使用できます。

    • Control Room レベル: Bot Runner セッションの画面解像度を変更
    • 測定器レベル: デバイス

      デバイス レベルで画面解像度を更新できるのは、[管理] > [設定] > [デバイス] で、画面解像度を上書きするオプションが有効になっている場合のみであることに注意してください。

  7. [変更を保存] をクリックします。
  8. RDP の設定を行うには [管理] > [設定] の [デバイス] オプションを使用します。
  9. [複数ユーザー デバイスの RDP 設定] フィールドを編集します。
  10. [ポート] を入力します。
    Recommendation: RDP ベースの Bot のデプロイメントには、デフォルトのポート 3389 を使用します。
  11. [RDP セッションのタイムアウト] 値を入力します。
    セッション タイムアウトのデフォルト値は 60 です。
  12. [変更を保存] をクリックします。
黒い画面やロック スクリーン画像のトラブルシューティングについての詳細は、以下を参照してください。

次のステップ

  1. Control Room でユーザーを作成します。

    これらのユーザーは、Unattended Bot Runner (サーバーから実行を指示)、Attended (クライアントで実行を支持)Bot Runner、または Bot Creator にすることができます。デバイスを初めて登録するときに、マルチユーザー オプションを選択できます。「ユーザーを作成」を参照してください。

  2. マルチユーザー デバイス設定を設定する前に、作成した Active Directory ユーザーに基づいて、正しいデバイスおよびセッション ログイン認証情報を関連づけます。

    管理者 Active Directory ユーザーとしてユーザーを一度登録すると、Bot をデプロイしたときにセッションが作成されます。Bot Runner サーバーに RDP セッションを作成し、Active Directory ユーザー名とユーザー認証情報でデバイスを登録する必要はありません。

  3. 並列セッションに Bot をデプロイします。
    注: 提供されたセッションあたりのマルチユーザー デバイスの数が実際の Bot デプロイよりも少ない場合、現在のデプロイが進行中になるまで追加の Bot デプロイがキューに入れられます。
フィードバックを送る